ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/05

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2012年05月12日

日韓戦結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

201205121_2

5月12日、ソウル郊外の城南総合運動場にて午後1時、アジア五カ国対抗「日本代表対韓国代表」のキックオフ。韓国代表のキックをキャッチした日本代表が自陣22mライン内からボールをつなぐ。この連続攻撃中のブレイクダウンで日本がオフサイドを犯し、PKから韓国が日本のゴール前にタッチキック。ラインアウトから連続攻撃を仕掛けたが、韓国もノットリリースザボールの反則。このあとも日本は自陣からパスをつないで攻め続けたが、韓国の激しく前に出てくるディフェンスの前に、ブレイクダウンでテンポの早いボール出しが出来ず、ゴールラインまであと5mでノックオンするなど、好機を何度も逸した。それは日本代表が発展途上にあることを印象付けたが、ここ数年の韓国代表からは想像できないディフェンスの集中力、ブレイクダウンの激しさがあったのも確かだった。

201205122_3

日本の先制トライは前半21分。キックの応酬から日本がパスをつなぎ、FB五郎丸が大きくゲインして22mライン内へ。最後は左オープンに展開して、WTB小野澤がゴール左隅にトライ。五郎丸が難しい位置からゴールを決めて、7-0。26分には、韓国ボールのラインアウトにプレッシャーをかけてSHのボール出しを乱し、そのボールを確保して連続攻撃。FL望月が抜けだし、最後はLO真壁がインゴールに飛び込んだ。その後も、韓国の体の芯を外さない的確なタックルが次々に決まり、仕掛ける日本がミスをする場面が目立った。FLキム・ヒョンスのヒットの強さは特筆もの。現在は陸軍のチームに所属しているが、10月までらしく、トップリーグも注目の選手になるのではないか。韓国SOパク・ホンシクにPGを決められ、前半は、14-3で終了。

ハーフタイム。エディー・ジョーンズヘッドコーチは、もう少しBKでの縦系のプレーを入れ、韓国のラッシュディフェンスに対応するよう指示を出した。後半の頭からフランス帰りのSH日和佐を投入。攻撃のテンポを上げ、日和佐のワンパスでゲインラインを突破して韓国を崩しにかかる。8分、FL望月がトライして、21-3。ハンドリングエラーなど簡単なミスが多発するチーム状態の中で、ミスなく前に出る望月のプレーは心強かった。10分、PKからテンポよく攻撃すると、ベンチのジョーンズHCから、「いい、いい、良くなった」と声が出た。

11分、18分と小野澤がトライを追加。韓国は疲れからか反則も多くなり、攻めるスペースが生まれ始めた。15分に自陣からの攻めをインターセプトされてトライを奪われたが、これについては、ジョーンズHCが「攻撃のオプション選択のミス」と話した。25分過ぎからは、HO木津、CTB田村、LO伊藤、FL桑水流、WTB長友、PR山下らが次々に投入され、それぞれがチームの勢いを引き出す突破、サポートに身体を張った。31分、WTB廣瀬が望月をサポートしてトライをあげ、自陣から縦横に相手を崩したFL佐々木隆道の2トライが加わって、最終スコアは52-8。苦しい時間帯が多かった試合のなかで、なんとか突き放した。

試合後のジョーンズHCは、「まあまあです。試合より強度の高いハードな練習をしてきたので疲れているのは分かっていました。来週はもっといいパフォーマンスが出せると思います」と話し始めた。ミス多発については、「一生懸命やっているのは分かっているが、個人の問題」と厳しかったが、「きょうは、ラッシュディフェンスに対して攻めるのが難しかったと思う。若いBKにはいい経験になったでしょう。きょうは粗削りな日でした」と淡々としていた。

廣瀬キャプテンは、今週の練習で少し緩みを感じていたようで、「国内のリーグ戦でも3試合目はちょっと緩むことがある。まだチームが成熟していないと感じました」と話した。「この試合に向けては、個人の基本スキルをもう一度ちゃんとやっていこうと話していたのですけどね。ここまでの相手はごまかせたけど、これからはそういう相手ではないので」

次の試合は、香港戦。ジョーンズHCは、「韓国より香港のほうが上だと思っています。次は試合に向けての練習をして、ステップアップした姿を見せたい」と最終戦を見据えた。

※トライの時間などは、すべて村上個人の時計によるものです。

■試合結果
日本代表○52-8●韓国代表(前半14-3)

追記1◎試合後、元東芝ブレイブルーパスのチェ選手が元チームメイトのもとへ。東芝勢での写真撮影となった。韓国代表は強化が上向いている印象を強くする試合だった。

201205123_2

追記2◎春の日本代表戦で、前売り限定でTシャツ付のチケットが販売されている。各試合でデザインが違う非売品。香港戦(5月19日 秩父宮ラグビー場)はジャパンカラーの赤が用意されているようだ。前売り限定のため、香港戦Tシャツ付チケットの締切は5月13日一杯となっている。
詳しくは日本協会のサイトなどにてご確認ください。
http://www.rugby-japan.jp/ticket/index.html

  • Line