ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/05

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2012年05月05日

日本代表、UAE戦結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

5日の夜は、博多のレベルファイブスタジアムで行われた日本代表対UAE代表戦をJSPORTSで解説した。昨年も日本代表が111点を奪った相手で、力の差はあったのだが、今回は、それより、日本代表が目指す攻撃スタイルがどれくらい正確にできているかが重要だった。

立ち上がりから、ブレイクダウンでは圧力をかけられるシーンが多く、キックオフもミスがあってボールがキープできないなど課題も多かったが、テンポの速い連続攻撃で、次々に防御を破ってトライを量産した(16トライ)。ボールをパスで後ろに下げず、前に出るスタイル。ポジショニングを重視し、分厚いサポートで攻撃を継続する意図はよく見えた。FW陣は忠実に働き続け、インサイドCTBでプレーした立川理道も力強い突進を何度も見せて、SO小野晃征、アウトサイドCTB仙波智裕とともに攻撃の軸になった。FB五郎丸歩は正確なプレースキックで何度もスタンドを沸かせた。

Dangerous_on_debut_jpns_youngest_ev

日本代表デビューとなった藤田慶和(18歳7カ月27日)は、日本ラグビー史上最年少のテストマッチ出場記録のほか、最年少トライも記録。しかも、思いきりのいいカウンターアタックでチームの勢いを引き出し、抜群の加速力でタックラーを振り切るトライも含め6トライをあげた。「いつも通り、楽しくできました。置けばトライというパスももらえて感謝しています」。廣瀬キャプテンは、「僕はトライゼロですよ! 持ってる人しかトライできないんですかね」と苦笑い。「藤田のポテンシャルは素晴らしい。久しぶりにわくわくさせてくれる選手を見ました。ただし、その藤田にトライをさせるために働いた内側の14人を褒めたいと思います」。

試合後、エディー・ジョーンズヘッドコーチは、やや不満げだった。「まあまあです」。後半のパフォーマンスはある程度評価したが、スクラム、ラインアウトについても「まだまだ成長段階」とし、「もっと練習でプレッシャーをかけていかなくてはいけない」と話していた。藤田については、「きょうなら、僕でもトライできたでしょう」と笑顔で話し、「若い才能にはチャンスを与えたい。さらにハードワークしていけば、いい選手になるでしょう」と抑え目に称えた。

廣瀬キャプテンは「きょうは、選手の姿勢が良かった」と言っていたが、どの選手も必死でプレーし、それが見ている人に伝わるのは、このチームのいいところだろう。世界一フィットネスの高いチームを目指して、ハードワークは続く。

■アジア五カ国対抗2012
日本代表○106-3●UAE代表(前半40-3)

  • Line