ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/05

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2012年05月22日

サントリー、NEC&画像

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

月曜日の夜は、都内のホテルでサントリーサンゴリアスの優勝祝賀会があった。エディー・ジョーンズ元GM兼監督はじめ、新キャプテン真壁伸弥選手ら日本代表の面々も揃い、多数の参加者から拍手を受けていた。乾杯の音頭は、日本サッカー協会名誉会長の川淵三郎さん、ジョーンズ氏への花束贈呈は女優の榮倉奈々さん、参加者には、貴乃花親方や作家の伊集院静さん、プロ野球解説者の山本浩二さんや、東尾修さんなど豪華なメンバーが並んでいた。壇上に上がって花束を受けたエディー・ジョーンズヘッドコーチは、「世界のトップ10入りを目指します」と力強く話した。

201205221_2

火曜日は、我孫子でNECスポーツのファンクラブ向け会報誌の取材をした。グレッグ・クーパー新ヘッドコーチ、浅野良太キャプテン、日本代表の田村優、村田毅、両選手(写真)ほか数名の選手に話を聞いた。楽しいインタビューだったのだが、グレッグ・クーパーHCは、「昨年は、アタックの向上を図ったが、それをさらに高めていきたい」と、ボールを動かして攻め続けるラグビーをすると語った。また、試験的新ルールの中で、ラックでボールが停滞した場合は、5秒でボールを出すようレフリーが促す改正についても、「我々に有利に働くでしょう」と前向きにとらえていた。

田村優選手と村田毅選手は、日本代表での練習が「刺激的」と口をそろえ、二人とも3㎏から4㎏体重も増え、日本代表でフィットネスがアップして自信がついたと話していた。日本代表に参加することで、行く前より、フィットネスがアップしているようにしたいと、ジョーンズHCも話していたのだが、その通りになっている。ただ、月曜日に今季初めてNECの練習に参加した二人は、まだチームのやり方が理解できていないようで、田村選手は「BKラインの立ち位置で、日本代表で言われているように立ったら、僕だけすごく前に出てました」とのこと。すっかり日本代表の動きに身体が馴染んでいる様子を語ってくれた。

201205222_2

最後に、ネマニ・ナドロ選手に話を聞いた。写真の通り、いろんな表情で撮影したのだが、けっこう役者で、「怒った顔」、「泣き顔」、「笑顔」などなど、どんな要求にも応えてくれた。いつから、身体が大きくなりはじめたのか?と聞くと、「3年前くらい」、とか、「本気でラグビーをやろうと思ったのは、4年前」とか、「体は大きいけど、痛みに弱くて、すぐ泣いてしまう」とか、まあ、答えがいちいち面白かった。ナドロ選手は今年もトップリーグを沸かせてくれるだろう。

面白画像情報◎アルゼンチンに、「タックルしなければ、出でこない自販機」があるらしい。
http://blogtimes.jp/blog/2012/05/17430.html

  • Line