ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/04

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2012年04月01日

東京セブンズ2012閉幕

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

4月1日の日曜日、秩父宮ラグビー場は快晴。東京セブンズ2012の2日目は、順位決定トーナメントが行われ、オーストラリアは、カップトーナメント決勝戦で接戦の末にサモアを破り、今季初優勝を成し遂げた。オーストラリアの先発7人の平均年齢は20歳。エド・ジェンキンス主将は、「若いチームだったが、最後まで絶対にあきらめなかった」と喜びを語った。

オーストラリアは、カップトーナメント準々決勝でウエールズを破ると、準決勝でイングランドを破っての決勝進出だった。サモアは、フィジー、ニュージーランドを下しての決勝進出で疲労も蓄積していたようだ。10分ハーフの決勝戦で最後に力尽きた感じだった。

カップ初戦敗退チームのプレートトーナメント優勝は、フィジー。プールマッチ3、4位のボウルトーナメントはフランスが制し、敗者戦のシールドはスコットランドが優勝した。日本は結局、1勝もできず、シールド準決勝でケニアに敗れて姿を消した。シリーズ全大会に出場するコアチームとの差を見せつけられる敗退だった。

7人制ラグビーの面白さを日本の多くの人々に実感してもらえたという点では、意義ある大会になったが、日本代表については課題が多い。優勝したオーストラリアのジェンキンス主将は、ここ2年は、7人制ラグビーだけをプレーしている。今回のオーストラリア代表は、15人制もプレーしている選手も混在していたが、日本も、オリンピック出場を目指すなら、数年間、7人制に特化してトレーニングする選手を作らなければ、出場すら危ういという現実を突きつけられる大会でもあった。

なお、この大会は、今後3年間は日本で行われる予定。その間に勝てる日本代表を作り、観客席が埋まるようにしなくてはいけない。

  • Line