ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/03

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2012年03月26日

近畿高校大会結果ほか&お知らせ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20120326

26日は、東大阪市の近鉄花園ラグビー場に行っていた。近畿高校大会を取材するためだ。この日行われたのは、3試合だった。全国選抜大会出場枠の5チームと順位を決めるため、まずは、5位決定戦を伏見工業対桂の京都対決で伏見工業が快勝。3・4位決定戦では、常翔学園対天理が対戦。常翔学園が攻め、天理が守る時間が長かったが、天理が守りからの切り返しで、15-14と終了間際まで1点のリードを奪っていた。ノーサイド直前、天理がタッチキック。しかし、1プレーの時間が残っており、そこから常翔学園が攻め、PGを決めての劇的逆転勝利だった。

そして、決勝戦は御所実業対京都成章。昨季の全国大会準々決勝で引き分け、御所実業が抽選で準決勝への進出権を得た因縁の対決である。試合前、成章の湯浅監督はロッカールームに入らず、気合を入れて出てきた選手たちにグラウンドで一言「決着をつけろ」とだけ言った。試合開始早々、御所がWTB坂本のトライで先制し、12分にもゴール前のモールからショートサイドをついて坂本が連続トライし、14-0とした。しかし、成章も前半終了間際、SO清水がPGで3-14として前半を終了。

後半に入って、BKラインを思い切って使い始めた成章は、10分、BKの縦でポイントを作り、SO清水が右方向で走り込みながらそのままトライ。さらにPGで13-14に迫ると、23分にはモールを押し込んでCTB末廣がトライして20-14と逆転。ところが、その直後のキックオフのリターンでもたつき、御所に最後のチャンスが転がり込む。モールでしつこく攻めた御所は、終了間際、ついにポスト右に柏原がトライ。スコアは、19-20。ゴールは簡単な位置。湯浅監督は「またやられた」と、ミーティングでかける声を考え始めたという。しかし、ボールはゴールをそれた。

「1点の重みですね」。御所実業の竹田監督は「まだまだです。ディフェンスもうちょっと何とかしないと」と淡々と話していた。一方、清水のフラットなパスでCTB末廣らが何度もラインブレイクした成章の湯浅監督は「選手が考えたプレーです。キャプテンがハーフタイムに、(BKで)行っていいですか、と言っていましたから」と選手自らがよく考えるようになったチームの成長に目を細めた。正確なキックとパスでチームを勝利に導いた清水晶大キャプテンは「去年の3年生が悔しい思いをしていたので」と、どうしても勝ちたかった気持ちを語り、近畿大会の連覇については「慢心せず、一歩一歩階段を上りたい。京都予選で伏見工業を倒して、花園に出たい」と謙虚だった。監督、キャプテンともに、昨季のチームにはまだ追いつけていないと感じており、「選抜大会で、いろんな経験値を増やし、近畿大会優勝に恥じない試合がしたいです」(清水キャプテン)と話していた。選抜大会は、30日に開幕する。

■近畿高校大会決勝結果
京都成章○20-19●御所実業(前半3-14)

3月23日より25日に香港で行われた「HSBCセブンズワールドシリーズ」に出場した男子7人制日本代表は、シールド(昇格決定戦)3位決定戦で、7人制ポルトガル代表に敗れ大会を終了。ワールドシリーズ全大会に参加できるコアチーム入りを惜しくも逃した。カップファイナルでは、フィジーがニュージーランドを下して優勝。3位決定戦では、南アフリカがイングランドを下した。これらの強豪チームが揃って東京にもやってくる。

◎山内貴之主将
「コアチーム入りを目の前で逃したことは、非常に悔しいです。接戦のゲームで勝てないのは、自分たちのミスがまだまだ多いからで、どんな状況でも100%の力を発揮できるようにならないといけないと思います。東京セブンズでは、僕たち7人制日本代表の生のプレーを見に来てください。ファンの皆様の応援が後押しとなります。ご声援よろしくお願い致します」

Honda HEATから、2012年度 新加入選手のお知らせがあった。
◎新加入選手=後藤駿弥(LO 関東学院大学)、タリフォラウ・タカウ(No8 日本大学)、山路健太(SH 関東学院大学)、中村有志(SO 帝京大学)、中田裕人(CTB 立命館大学)
※追加の外国人選手は決定次第発表。

お知らせ◎NPO法人ラグビーパークジャパン(川合レオ代表)からのお知らせです。
≪小中学生のための(平日)放課後のラグビー教室・ラグビーパークジャパンは、おかげさまで3年目を迎えることとなり、平成24年度(4月)からの生徒募集を開始いたしました。現在は神奈川県の3か所で、様々なラグビースクールに所属する子どもたちが、平日に集まって一緒に練習し、切磋琢磨しています。平日もラグビーがやりたいというラグビー大好きなプレーヤーのご参加をお待ちしております。*参加方法等は、ホームページをご参照下さい。
ホームページ(検索「ラグビーパーク」)
http://www.rugbypark.jp/
フェースブックもよろしくお願いします。
http://www.facebook.com/rugbypark.jp

  • Line