ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/02

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2012年02月19日

プレーオフ準決勝結果&日本選手権組み合わせ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

日曜日の早朝、のぞみ号で東京へ。秩父宮ラグビー場は1万人超の観衆。寒さもあって日当たりのよいバックスタンドはよく埋まっていた。きょうは、ラグマガなどにマッチレポートを書くので、ここでは簡単に触れたい。

第1試合の東芝対パナソニックは、東芝がレギュラーシーズン同様、PGを狙わず攻め続けたが、前半はミスや反則で持ち込んだボールを何度も手放し、トライを奪えず終い。パナソニックはFB田邉が堅実にPGを決めてリード。後半に入っても、東芝のミスに乗じて、WTB北川智規、CTBジャック・フーリーらが独走トライを奪って点差を広げた。

「パナソニックの圧力を前に、一人一人が前に出ず、ボールを出すことばかり考えていた。それがすべて」の東芝の和田賢一監督は完敗を認めた。一方、負傷からようやく先発復帰のパナソニック霜村誠一キャプテンは、「13節の負けから、何をすべきかを理解して一つになれたゲームでした」と笑顔で語った。

第2試合は、サントリーの強さばかりが目立った。エディ・ジョーンズGM兼監督が「世界一のSH」と称賛するフーリー・デュプレアが、タイミングよくボールを配すると、SOトゥシ・ピシ、CTBニコラスライアン、平浩二らが次々に防御を破って前に出た。FLジョージ・スミスはボールへの絡みだけではなく、突破役としても大車輪の活躍だった。NECは、後半に投入されたネマニ・ナドロが1トライを返すにとどまった。

「気持ちが空回りして、ストラクチャーを守れなかった」と岡村要ヘッドコーチ。「ディフェンスでミスが多すぎた。来週、まだチャンスがあるので、強いNECとして戻ってきたい」とニリ・ラトゥキャプテンも厳しい表情だった。快勝のエディ・ジョーンズGM兼監督は、会見冒頭から「去年は決勝でパナソニックに負けたので、楽しみです」と決勝に向けてのコメント。きょうの試合については、「後半を1トライに抑えたのは素晴らしい。王者のような戦い方ができた。来週、ベストのゲームをしたい」と、まだベストではないことを強調していた。

■TLプレーオフ・セミファイナル結果
パナソニック ワイルドナイツ○37-25●東芝ブレイブルーパス(前半9-3)
サントリーサンゴリアス○56-8●NECグリーンロケッツ(前半37-3)

※この結果、日本選手権の組み合わせが決定
◎1回戦 
2月25日 駒沢陸上競技場
12:00帝京大学対六甲ファイティングブル
14:00東芝ブレイブルーパス対ヤマハ発動機ジュビロ
※それぞれの勝者が3月4日(熊谷ラグビー場)の2回戦で対戦
<
strong>2月25日 近鉄花園ラグビー場
12:00天理大学対キヤノンイーグルス
14:00神戸製鋼コベルコスティーラーズ対NECグリーンロケッツ
※それぞれの勝者が3月4日(熊谷ラグビー場)の2回戦で対戦

  • Line