ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/01

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

試合レポート 2012年01月08日

大学選手権・決勝結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

1月8日の朝、国立競技場に向かった。第48回全国大学選手権の決勝戦は、午後2時キックオフ。試合前のトスに勝った帝京大学は風下の陣地を選択し、天理のキックオフで試合は始まった。いきなり、帝京が25mほどモールで前進する。帝京の岩出監督は戦法のポイントを2つあげた。「我々の強みを出し、天理BKの強みを出させないこと」。帝京は、自陣でのラインアウトをなくすために簡単に蹴らず、モールで前進、SHからのハイパント、あるいはカウンターアタックを仕掛けた。

しかし、天理はその攻撃力の高さをこの試合でも証明した。帝京のモールをなんとか食い止めると、フラットなラインでボールを動かし、SO立川、CTBバイフらがゴールラインに迫る。ここでトライを獲りきっていれば、リードを広げながら試合を運べたが、帝京ディフェンスも最後の一線で粘り強かった。前半16分、天理は帝京ゴール前のスクラムから右オープンに展開してブラインドサイドから走り込んだWTB木村がトライ。7-0とリードする。18分にWTB宮前がゴールに迫ったが、ラストパスがスローフォワードになって好機を逸した。その直後、天理がハイパントをキャッチミス。そこから帝京がFW・BK一体にボールを動かし、ゴール前のラックからNO8李がトライ。7-5とする。

このあとも、強力FWを軸にジワリジワリと前進する帝京と、ボールを取った瞬間にスピーディーにパスで動かす天理という好対照の戦いで試合は進んだ。32分には、ゴール前のラインアウトから帝京がモールを押し込み、FL大和田がトライ。前半は、12-7と帝京リードで終了した。

後半に入ると、風上に立った帝京が積極的に攻め始める。しかし、天理ゴール前に迫りながら、ミスや反則でトライが奪えず、逆に天理WTB木村の力強いランなどで切り返される。20分過ぎには、SO立川が2回連続のショートパントで帝京陣ない深く入って観客を沸かせた。息詰まる攻防の末、31分、天理が自陣からSH井上、立川を軸にボールをつなぎ、最後は、LO田村が体をスピンさせながらタックルをかわしてWTB宮前にパス。12-12の同点に追いつくトライをあげた。残り10分も白熱の攻防が続いたが、38分、自陣からボールをつないだ天理がラックで手を使うハンドの反則を犯し、帝京SO森田のPGが決勝点となった。攻撃力ある天理だからこその攻撃だったし、帝京の固い防御がこれに勝ったということだろう。

「最後にPGで勝つイメージの練習を積み重ねてきたので、無心で蹴ることができました。当たりは良くなかったのですが、部員の気持ちが全部乗って入ってくれたのだと思います」。森田キャプテンは、肩、腕、ふくらはぎ、足首と怪我を抱え、満身創痍だった。彼に負担をかけないようにFWが奮闘した面もある。大学選手権史上2校目。力強い三連覇だった。

「三連覇に挑戦できる幸せをかみしめながら、この一週間を過ごしました。初優勝も、昨年も嬉しかったのですが、同じように嬉しい。想像以上に接戦になりましたが、キャプテンの森田が最後に締めてくれた」と岩出監督。森田キャプテンも「天理は素晴らしいチームです。苦しい試合になりましたが、全員があきらめずに戦った結果です」と胸を張った。

敗れた小松節夫監督は悔しさをにじませながらもこう語った。「お互いの持ち味を出しあった、いい試合でした。小さいながらも頑張ったFW、少ないチャンスでトライをとったBK、選手たちはよくやってくれました。これで終わりではないので、また強いチームを作って戻ってきたいと思います」。キャプテンのSO立川も淡々としていたが、「重たいFWに対抗し、BK勝負でトライをとるのがテーマでした。BKに細かいミスがあってトライが獲りきれませでした」と、少し残念そうだった。サイズを敗因として語らず、あくまで準備してきたことが正確にできなかったことを語るところがいい。それにしても、あのフラットなパスはよく鍛えこまれている。全員がボールを持って判断しながらパスできるのもいい。小松監督が、長年かかって作り上げてきた戦い方である。その証明が代わって入った選手も同じようにプレーしてラインブレイクしていくことだ。コーチの手腕を感じた。

■第48回全国大学選手権・決勝結果
帝京大学○15-12●天理大学(前半12-7)

お知らせ◎1月2日にNHKBS1で放送された、伝説の名勝負「不屈の闘志激突!’85ラグビー日本選手権 新日鉄釜石×同志社」が、1月9日(月)午後3:00から同じくNHK BS1で再放送されます。見逃した方は、ぜひご覧ください。

  • Line