ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/01

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

試合レポート 2012年01月07日

高校大会・決勝結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

7日は東大阪市の近鉄花園ラグビー場にて全国高校大会の決勝戦が行われた。U18合同チーム東西対抗は、西軍が57-7と快勝。N08辨天(べんてん)の突進力など、西軍の個人技が光っていた。そして、決勝戦。三連覇に王手をかけた東福岡は公式戦79連勝とこの3年間負けを知らない。無敵の王者にハイスピードラグビーの東海大仰星がどう挑むか。午後2時過ぎ、注目のキックオフ。

201201071

前半4分、まずは東福岡がPGで先制する。5分、東福岡陣内10mライン左のスクラムから東海大仰星がサインプレーを仕掛けた。実はここで選択されたサインプレーは、過去に何度も東福岡のディフェンスを破った仰星の得意技だった。ところが、CTBのダミーシザースから外側に展開しようとしたパスを、東福岡WTB中野がインターセプトし、約50mを独走して10-0と引き離すトライをあげた。「あれは、完全にやられました。インターセプトされなければ、ウチがトライしていた。あれで決まりましたね」と仰星の土井監督。東福岡は、CTBとWTBの間隔を広くして防御ラインを作っていた。つまり、仰星に抜けそうなスペースを見せておいて、パスをさせ、中野が判断良く飛び出したのだ。もし仰星が先にトライをしていれば、スコアはもっともつれただろう。

風下の仰星は自陣深くからもボールをキープして攻めようとするのだが、パスを多くするスタイルということもあって、ミスが起こる。東福岡は19分、SO近藤がゴール前でパスをカットして15-0とするトライをあげた。仰星も25分、ラックからのこぼれ球にSH湯本が反応してパスをつなぎ、最後はWTB近藤が右コーナーぎりぎりにトライを返す。追いすがるFB藤田との見ごたえあるシーンだった。

後半2分、東福岡は、ラインアウトから攻め、SO近藤がラインブレイクしてFB藤田につないでトライを追加。6分、仰星もFL上田がトライを返し、風上を利して東福岡陣で戦うことが増えるのだが、東福岡は好タックルを連発し、ボールを奪い返すと、キックを使わなくてもボールをつないで陣地を戻す力強さを見せる。16分には、自陣から展開し、FB藤田が抜群のスピードでタックラーを振り切り、WTB藤崎につないで、36-12と突き放した。2分のトライは、仰星のダイレクトタッチが起点だったのだが、そのラインアウトに素早くならんで一気にトライを奪ったところに仰星の土井監督も感心していた。「ミスで動揺した選手のところをすかさず攻めてきた。あんなこと社会人や大学でも、なかなかできませんよ」。仰星もこのあと2つのトライを返すのだが、最後は36分だった。終了間際にもうタッチに出してもいいところを、東福岡が攻めたからだ。それを切り返してトライを奪った仰星もいい。互いに、「このチームでもう少し試合がしていたい」とでもいうような攻防に胸を打たれた。

20120107mm

東福岡のディフェンスの粘りは凄まじかったが、何より各選手の判断の良さに感心させられた。思い切ってタックルするところ、少し待った方がいいところ、インターセプトを狙うところなど的確で破たんしない。藤田雄一郎コーチは、両WTB(中野、藤崎)のディフェンス能力の高さを称えた。また、こうも言っていた。「三連覇も嬉しいのですが、それより6年連続ベスト4が嬉しい。コーチとしても誇らしいです」。才能ある選手が自由奔放にプレーする印象が強い東福岡だが、その強さは、地味に体をぶつけ合う練習に支えられている。そして、相手のミスに乗じて一気に攻めきる集中力、ゲーム理解力の高さは常にプレーの意味を自分の頭で考えているからこそだろう。立派な三連覇だった。

敗れた東海大仰星も風下の前半こそ、自陣からの攻めでもミスが出たが、後半は細かいパスをつなぎながら3トライを返した。ハイテンポの攻撃は見ていて胸躍る。土井崇司監督も潔かった。「東福岡は強かった。三連覇に相応しいチームです。うちの選手もよくやりました。ボールを素早く動かしてトライをとるという、ずっと取り組んできたことも出してくれた。こんなにボールがよく動く決勝戦、珍しいでしょう? 選手の伸び率を考えれば、僕は選手のパフォーマンスには満足です。これからも、日本中の子供たちが、ラグビーって面白い、かっこいいって思ってくれるようなラグビーを追い求めます。それが日本代表が世界に勝つラグビーにもつながると思っていますから」

東福岡の谷崎監督は言った。「ノーサイドの笛は始まりの合図」。明日からまた全国大会の決勝戦の場に立つための準備が始まる。

■全国高校大会・決勝戦結果
東福岡○36-24●東海大仰星(前半22-5)

お知らせ◎「上原浩治選手×大畑大介氏×建山義紀選手 出演トークショー開催」。ぴあ株式会社主催のトークライブです。大阪・東海大仰星高校1年1組でクラスメートだった3人のトップアスリートをゲストに迎えて「己を信じぬく力」「チャレンジ精神」をメインテーマに。ラグビーについても、優勝争いが熾烈なトップリーグ、日本選手権の見どころ、注目チーム、注目選手なども。その他、来場者からの質問を受け付けるコーナー、プレゼント抽選コーナーも予定されています。
■日時:2012年1月12日(木)記者懇親会17:00〜17:45(受付開始16:30)
トークショー19:00〜20:50(開場18:00)
■会場:なかのZERO 大ホール(住所:東京都中野区中野2-9-7)
■出演者:
ゲスト/上原浩治(プロ野球選手/MLB・テキサスレンジャーズ投手)
大畑大介(元ラグビー日本代表/神戸製鋼コベルコスティーラーズアンバサダー)
建山義紀(プロ野球選手/MLB・テキサスレンジャーズ投手)
ホスト/青島健太(スポーツライター/TVキャスター)
ナビゲーター/パトリック・ユウ(スポーツDJ)
■放送予定:日テレG+にて2012年2月放送予定
■チケット:全席自由2,500円(税込)
※チケットぴあhttp://pia.jp/t/talkbattle/0570-02-9999(Pコード:820-249)
セブン-イレブン、サークルK・サンクスにて好評発売中。

  • Line