ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/01

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2012年01月03日

高校大会・準々決勝結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

201201031

3日は花園ラグビー場だった。全国高校大会はベスト8のぶつかりあい、準々決勝が行われた。写真の通りの大観衆である。メインスタンドも入っていた。一日4試合、同じスタンドでたっぷり楽しめる1月3日は、人気が高い。

第1試合は、東福岡対桐蔭学園という昨年の決勝カード。そのときは引き分けて両者優勝だった。この日は、前半、東福岡が14-6とリードする。しかし、後半に入ると桐蔭学園が自陣から果敢にボールをつなぎ、東福岡のディフェンスを崩し始める。後半15分、桐蔭FB鈴木のトライ、ゴールで18-19と迫り、18分、鈴木のPGで21-19と逆転。大歓声が上がった。しかし、東福岡は、直後の桐蔭陣内スクラムからFB藤田がトライして再びリードし、SH岩村のPGで突き放した。桐蔭にも十分に勝機があったのだが、タッチを狙ったキックが出ないなど、手痛いミスもあった。

第2試合は、常翔学園が前半7分、11分とトライを奪って、12-0としてそのまま勢いに乗るかと思われたが、佐賀工業もSH荒井がスクラムからのアタックで12-7とし、なおも攻める。しかし、前半終了間際、常翔学園はSH岡田がゴールラインに向かっての力強い突進でタックルをかわして19-7と突き放すトライをあげ、後半開始早々にもSO後藤がトライしてリードを保ったまま優位に試合を進めた。FB重のランニングスキルの高さは光っていた。

最後までもつれたのが、第3試合の京都成章対御所実業だった。近畿大会優勝の京都成章だが、そのときは御所実業とは試合しなかった。両チームは毎週のように合同練習を繰り返す間柄で手の内は知り尽くしている。練習試合では御所がずっと勝っているようだった。僕は成章OBの矢富勇毅選手(ヤマハ発動機)と一緒にJSPORTSで解説だったのだが、両チームのリアクションの素早さに驚きながらの話になった。成章が攻め込み、きれいにラックを乗り越えてボールを出したシーンがあったのだが、ボールが出た時には御所のディフェンスラインが揃っていて、これには驚かされた。

成章のボールキャリアへの近くて分厚いサポートプレー、御所のディフェンスラインの素早い戻りにも感心させられた。成章は前半26分にNO8坂手があげたトライのみの7-0で後半も粘り強く守ったが、ノーサイド直前にゴール前のピンチでモールを崩すコラプシングの反則を犯し、ペナルティトライを奪われた。この場面いついて、成章の湯浅監督は「守りきれなかったのが実力。御所が強かったということです」と潔かった。抽選の結果、準決勝への出場権は、御所実業へ。京都成章のロッカールームから外の報道陣にまで泣き声が聞こえた。泣きながら、「ありがとう」という言葉が何度も繰り返されていた。

ロッカールームの外でしばらく呆然と立っていた湯浅監督は、泣き声がある程度落ち着いたところで中に入り、選手を集めると、「ナイスゲーム! ありがとう!」とその奮闘をねぎらった。

第4試合は、優勝候補の一角である東のAシード校、國學院栃木と東海大仰星の対戦だった。國學院栃木はよくボールをキープしながら攻め、何度もラインブレイク。FB田村煕も巧みなステップワークで見せ場を作った。前半4分には田村が、14分には、キックチャージからWTB吉岡がトライして、12-0と國學院栃木がリードしたが、東海大仰星もWTB近藤のインターセプトからの独走トライで反撃を開始。前半のうちに14-12とスコアをひっくり返すと、後半も國學院栃木のBK攻撃を粘り強く止め、さらに2トライを追加して快勝した。互いにボールを動かして攻め合う面白い試合だった。

◎全国高校大会準々決勝結果
桐蔭学園●21-29○東福岡(前半6-14)
常翔学園○31-14●佐賀工業(前半19-7)
京都成章△7-7△御所実業(前半7-0)
國學院栃木●12-24○東海大仰星(前半12-14)

◎1月5日・準決勝組み合わせ
東福岡(福岡) 対 常翔学園(大阪第二)
東海大仰星(大阪第三) 対 御所実業(奈良)

  • Line