ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/01

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

試合レポート 2012年01月09日

トップリーグ第9節結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

9日は近鉄花園ラグビー場だった。年末年始、ずっと高校大会で花園だったので、なんだか帰ってきた感じだ。JSPORTSでトップリーグ第9節の解説をし、100試合出場の大西将太郎選手の試合後インタビューをした。

第1試合は、トヨタ自動車対NTTコミュニケーションズ。互いの首脳陣が「ブレイクダウン」をキーポイントにあげた試合で、入り勝ったのはNTTコムだった。立ち上がりは、トヨタ自動車が、SO文字、怪我から復帰のCTBブレットを軸に自陣からボールを動かして攻める。何度かボールを動かしたとき、ハーフウェイライン付近で数的優位を作ったと思った刹那、NTTコムのWTB友井川がパスをカットし、約50mを走りきった。

その後は、トヨタ自動車が攻めコムが粘り強く守る展開が続いたが、コムのタックルが前に出るシーンが多く、トヨタは苦しい戦いになった。18分、トヨタのFLホップグッドがモールからトライし、7-7の同点に追いついたが、コムのFB栗原が着実にPGを決めて、後半24分までにコムが19-10とリード。32分、コムがトヨタゴール前スクラムからNO8マーフィが単独で持ち出してトライし、勝負を決めた。

なかなか結果の出ないトヨタの朽木監督は「ブレイクダウンで負けているのは、最初のボールキャリアが前に出ていないから。それ以前の攻撃選択の問題もあると思います」と、負傷者が多く、上手くいかないチーム状態に言葉も沈んでいた。ちょっとチームに元気がないのが気になるところ。

201201091_2

第2試合はNTTドコモ対近鉄という大阪ダービー。開始1分、近鉄がいきなりFB高のトライで先制したが、ここからはドコモが攻勢に出る。NO8箕内、SOガードらが次々に突進したが、これを近鉄の防御が跳ね返し、SO重光がトライを追加する。完全に近鉄ペースになるかと思われたが、ここから、ゲームはもつれにもつれた。ドコモはCTB清瀬がタックルされながら、右コーナーぎりぎりに手を伸ばして反撃のトライをあげると、後半、SOガードの2PGで18-15と逆転する。ここからは、近鉄のWTBギアが重光のグラバーキックをインゴールで抑えると、ドコモも交代出場のFLイオンギがトライして再逆転。近鉄も重光がPGを返して後半30分の時点で25-25の同点となる。

この均衡状態を切り裂いたのは、近鉄の秘密兵器とでも言うべき、WTB李陽(り・やん)だった。100m10秒6という俊足で防御を切り裂いて前進し、CTBイエロメのトライを導き出すと、38分には、重光のパントを追って22mラインの手前から急加速、あっというまに防御を置き去りしてダメ押しのトライを上げてみせた。中国7人制代表の李は、30m走などの短い距離でも近鉄の中でダントツのスピードを誇る。前田監督によれば、「あのスピードを生かしたかったが、コミュニケーションの問題と、15人制に慣れていないところがあった」とこれまで温存してきたが、昨年末のサニックス戦で初先発するとそのスピードをいかんなく発揮。きょうは後半27分にインパクトプレーヤーとして投入された。李の存在は今後、近鉄と戦うチームにとって脅威となるだろう。

201201092

この試合で、大西将太郎選手がトップリーグ100試合出場を達成した。写真は、試合後チームメイトと夫人と娘さんと一緒に写真に収まる大西選手。同日、パナソニックの相馬朋和選手も100試合出場を達成したため、時間差でリーグ6人目の快挙となった。「ワールド、ヤマハ発動機、近鉄と渡り歩いたということは、たくさんのチームメイトがいて、支えてくれた人も多い。皆さんに感謝しています。これで終わりじゃないけど、花園でこの日を迎えられて嬉しいです」。大西選手は地元・石切りの生まれで、小学校のころから花園ラグビー場の観戦に来ていた。高校(啓光学園)、大学(同志社)も花園で活躍し、トップリーグの初試合も花園だった。「箕内さんに、100試合目を迎えた試合で負けた選手はまだいない、と言われたので、どうしても勝ちたかった」と、試合中も箕内選手にプレッシャーをかけられたことを明かしていた。

■トップリーグ第9節結果
ホンダヒート●7-48○東芝ブレイブルーパス(前半0-17)
サントリーサンゴリアス○35-29●NECグリーンロケッツ(前半17-8)
パナソニック ワイルドナイツ○25-19●ヤマハ発動機ジュビロ(前半3-9)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ●18-26○NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(前半7-10)
NTTドコモレッドハリケーンズ●25-39○近鉄ライナーズ(前半12-15)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ●27-31○リコーブラックラムズ(前半10-3)
福岡サニックスブルース○31-24●コカ・コーラウエストレッドスパークス(前半21-10)

  • Line