ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/09

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

試合レポート 2009年09月20日

TL第3節19日結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

土曜日の夕方は、JSPORTSのスタジオでトライネーションズ最終戦の解説をしていた。連休中に録画を見る人も多いと思うので、内容は改めて触れたい。

終了後、深緑郎さんと一緒に秩父宮ラグビー場に向かった。というわけで、サントリーサンゴリアス対九州電力キューデンヴォルテクスの試合は見ることができなかった。僕は別の取材もあって、リコーブラックラムズ対NECグリーンロケッツの試合も最後のほうしか見られなかった。

再昇格で早くも2勝のリコーは選手の笑顔も弾んだ。しかし、記者会見は冷静だった。「予想通りタフな試合だった。ディフェンスでプレッシャーをかけられたのが勝因」とトッド・ローデンヘッドコーチ。報道陣から、満足度を質問されると、「戦術的には40%、戦う姿勢は90%」とコメント。チームにさらに安定感ある戦いを求めた。池田渉キャプテンは、「NECも必死で戦っていたし、プレッシャーのある試合でした。14人のとき、全員がパニックにならずに対応できた。普段の練習からヘッドコーチに追い込まれているので大丈夫だったと思います」と、シンビンが出た時間帯に冷静に対処できたと語った。

NECの熊谷キャプテンは、「リコーの出足のいいディフェンスに受けてしまった。後半は粘りが出てきたが、大事なところでミスが出ました」と無念の表情。岡村ヘッドコーチも「あれだけミスや反則があったら勝てない。それは分かって臨んだはずなのに、また繰り返してしまった」と悔やんだ。これでNECは3連敗。選手の持てる力を最大限に生かす戦いで巻き返してもらいたい。

他会場の結果は以下の通り。クボタスピアーズが神戸製鋼コベルコスティーラーズを逆転で下して3連勝を飾った。

◎トップリーグ第3節結果(19日)
サントリー○72-7●九州電力(前半27-0)
リコー○27-21●NEC(前半17-11)
神戸製鋼●15-16○クボタ(前半12-6)
トヨタ自動車○20-3●近鉄(前半3-0)

追記◎この日は、これまでにも何度か紹介している、@ぴあの「男前インタビュー」があった。今回はワイルド系。九州電力の黒木孝太選手だった。根っからのタックラーは噂通りの好青年。今回の男前シリーズは、兄弟選手が多いのだが、黒木選手も3人兄弟で全員がラグビーをしていた。熱く、気持ちのいいインタビューだった。10月初旬にアップされる予定。

Img_0227

  • Line