ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/08

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2009年08月27日

TL開幕まであと8日

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

Img_0203

木曜日もイケメン取材だった。まずは、サントリーサンゴリアスのSO菅藤心(かんとう・しん)選手。赤坂の会社で、営業に出る前の忙しい時間を縫ってのインタビューだった。これは「ぴあ」のWEBに9月中旬にアップされるものなのだが、試合で見せる激しいタックルとは裏腹な、やさしい、丁寧な受け答えだった。菅藤選手といえば、長崎出身で、ラグビー界では有名な兄弟選手。一番上のお兄さんは、ラグビーをしていないそうだが、二男の圭さんは、コカ・コーラウエストレッドスパークス、三男の友さんは、福岡サニックスブルースのキャプテン、そして四男の心と、3人ともトップリーガーである。今季も直接対決があるので、それを楽しみにしているようだ。ちなみに、お母さんからは、ちょうど真ん中の席が欲しいと言われるのだとか。

Img_0210

続いて、東芝ブレイブルーパスの吉田朋生(よしだ・ともき)選手のインタビュー。言わずと知れた日本代表SHだが、高校1年生のときに55㎏したなかったところから、連日の朝練で身体を大きくし、努力の末に日本代表の座を勝ち取った。小さな選手達に夢を与える存在だ。「これからも子供達を勇気づけていきたいです」。その肉体は極限まで鍛え上げられており、フィットネスでは東芝随一の数値を誇る。それも負けず嫌いゆえの結果。今季も身体を張ったプレーで東芝を引っ張ってくれそうだ。


さて、トップリーグ開幕が迫っているし、10月31日には、ブレディスローカップもあるわけだが、11月の日本代表戦もお忘れなく。「リポビタンDチャレンジ2009 日本代表対カナダ代表」のチケット発売日が決定した。

また、特別企画として、大会限定Tシャツ付きチケットが発売されることも明らかになった。11月15日(日)、21日(土)、ユアテックスタジアム仙台と秩父宮ラグビー場で行われる試合について、カンタベリー・オブ・ニュージーランドジャパンと日本ラグビー協会のコラボ企画。

詳細は日本協会のサイトなどで確認していただきたいが、Tシャツ付きチケットの販売は10月25日まで。たとえば、仙台の試合では、Tシャツ付きのメインS席が、前売りで4,500円(メンバーズクラブ会員は3,800円)。バックA自由席は3,000円(メンバーズクラブ会員は2,600円)など。他にも様々な券種がある。仙台、秩父宮ともに、Tシャツ付きの小中高生自由席は、1,300円(前売りのみ)と、すごくお得になっている。ちなみに、Tシャツのサイズは、一般=L、子供=Sのみ。試合当日に渡される予定のようだ。

  • Line