ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/08

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2009年08月10日

きょうは、ひとりごと。

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

本日のプレスリリースで「ジャパンラグビー トップリーグ2009-2010シーズン 関西地区概要説明会開催」の案内が。いよいよ始まる感が強くなってきた。

サンケイスポーツによると、北海道の北見ラグビーフェスティバルで、九州電力の新外国人選手、ジョシュア・マンレーの話題が。HO、FL、NO8なんでもできるようだが、HOで出場するとトップリーグ初の外国人HOとなる。どんな選手なのか見るのが楽しみ。

先週末のトライネーションズの南アフリカ代表スプリングボクス対オーストラリア代表ワラビーズを見返した。変わったことをしないでも勝てる南アの強さをひしひし感じる内容。最終的にはモルネ・ステインのペナルティゴール、ドロップゴールでスコアしているけど、その前に相手にかけるプレッシャーが半端じゃない。デヴィリアス監督、「世界一楽な監督」と言われているみたいだけど、あれだけのアスリートがいればそう言われても仕方ない。NO8のスピースなんて、194㎝、107㎏で100m10秒7で走るのだから。プロ化が進めばサイズもスピードもどんどん高まっていくのが当然だが、あまりにアスリート揃いになると、ちょっと手が届かないというか、遠い感じがするなぁ。

しかし、これだけどっしりした戦い方をするチームをどう崩すかは興味深い。知将と言われるオールブラックスのグレアム・ヘンリー、ワラビーズのロビー・ディーンズが、次の対戦にどんな手を打ってくるのか楽しみでもある。倒し甲斐のあるチームを前に、燃えていてほしいなぁ。その前に8月22日、オールブラックスとワラビーズの対戦があるのだけど。

今春NECに入社し、英国留学していた土佐誠選手がオックスフォード大学に入学できたようだ。今季からトップリーグでプレーすることはなくなったけど、ケンブリッジ大学とのバーシティマッチに出場して、日本人4人目の「ブルー」を目指す。まずは、おめでとうございます。

  • Line