ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/07

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2009年07月31日

文鳥舎閉店

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

コメント欄に、「職場のスポーツ新聞、W杯決定の記事に蛍光ペンでこっそりマークしておきました。草の根運動です」とあった。ナイスです。ありがとうございます! 小さいことからコツコツ頑張りましょう。

それと、今回の開催国決定に「日本開催決定ですが、香港+シンガポール込みでの決定ですか?」とコメントあったのだが、香港、シンガポールというのはあくまで開催候補会場であって、IRBは開催国に単独開催をすすめている。香港、シンガポールでも試合が行われるかどうかは未知数。強豪国も不安を感じているようだが、僕もシンガポールの暑さはワールドカップには不向きと感じている。国内の開催会場もあくまで現状での候補地であり、今後変更は大いにあり得る。

Buncho

さて、木曜日は京都から戻って三鷹の文鳥舎に行ってきた。このお店の最後の通常営業日だったからだ。7月いっぱいで閉店することになった文鳥舎では、僕も今年の3月まで3年間、原則的に隔月でトークライブを続けてきた。ただし、このお店のイベントとして一番多いのは落語で、ラグビーはその末席にいた感じ。でも、お店の中にはラグビー関連グッズや書籍がずらりと並んでいた。通常、夜はバー営業で自分の家にいるように過ごすことができて、多くの常連客に賑わっていた。残念だけれど、いまは継続的なトークライブの機会をいただいたことを心より感謝している。この場所がなかったら、ラグビー愛好家の皆さんとの密接な関係も築くことはできなかった。ありがとうございました。

このお店の名を冠した「文鳥舎スポーツラウンジ」は今後も継続予定で、僕もまたラグビーのトークライブを文鳥舎さんと一緒に開催させていただきたいと思う。

  • Line