ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/07

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2009年07月21日

雨の京都へ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

ニュージーランドから帰国し、成田に到着して携帯の留守電を確認したら、複数のメッセージが入っていた。僕をジャーナリズムの世界に導いてくださった恩人が亡くなったという知らせだった。21日の早朝、葬儀に参列するため京都に向かった。

この先生に出会わなければ、今の僕はなかった。おそらく、京都で教員をしているか、京都か大阪の企業に入ってラグビーを続けていただろう。したがって、東京に出てきて以降の多くの出会いもなかったし、この日記を書くこともなかった。先生がご自身の人生を振り返って執筆された本を読み返しながら、人との縁を思った。

遺言により親族だけの密葬ということで生真面目だった先生らしい静かな旅立ちだった。感謝の言葉を捧げてお見送りした。降りしきる雨がいっそう強くなった気がした。先生のご恩を忘れず、これからの仕事に取り組んでいこうと想いを新たにした。

帰り道、気になっていた友人に電話してみた。元神戸製鋼の綾城高志くんである。高校、大学と対戦相手ではあったが、気が合ってずっと交流が続いている。昨シーズンは同志社大学のヘッドコーチを務めていたが、この春から新しい人生を模索していた。彼が選んだ仕事は学習塾だった。個別指導で実績があり、全国各地で開校している「学習塾・ペガサス」である。

綾城くんは、京都駅近くの九条教室を塾長として開校した。「この歳で新しいことを始めるのだから、何かミッションがないといけないと思っていた。教育はやりたかったこともでもあったから」。なんと開校はきのうだった。パソコンにプログラミングされた問題を解きながら学力を向上させ、それを講師が一人一人の自主性を伸ばすべくサポートするシステム。実際に見せてもらったのだが、パソコンに向かうだけでなく、それをノートに写すこともするし、個々の能力に応じた学習が可能でなかなか興味深いものだった。家が近いお子さんじゃないと通うのは難しいと思うが、ご興味のある方は、一度以下のホームページをのぞいてみてください。

http://www.pegasus-fc.com/
九条教室 電話075-200-2424(問い合わせ受付時間 10:00〜19:00)

  • Line