ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/07

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2009年07月20日

ワイヘキ島

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

無事東京に戻りました! 成田空港には夕方に着いたのだが、思ったほど暑くなくて助かった。さて、今回のブレディースローカップ第一戦(NZ代表オールブラックス対オーストラリア代表ワラビーズ)は、オールブラックスが先勝したわけだが、実力差は紙一重。ワラビーズの巻き返しに期待しよう。

このままオールブラックスが連勝では、第4戦の東京が盛り上がらなくなってしまう。もちろん、2011年ワールドカップの優勝候補国にとって、今年は若手を思いきって出場させるなどいろいろ試せる年でもあるから、観戦者としては、結果と同時にどんな手順を踏んで強化するのかを楽しむ年でもある。次はどんな試合になるか。

土曜日の試合翌日、オールブラックスは、なんと朝4時半の飛行機で南アフリカに旅立った。たぶん、ほとんど眠っていないはず。ハードな日程である。

Auck1

観戦ツアーのみなさんは日曜日がフリーだったので、それぞれ観光を楽しまれたようだ。僕ら実況解説陣、スタッフは、いつもお世話になっているニュージーランド観光局の方に案内していただき、ワイヘキ島に行ってきた。オークランドからフェリーで35分ほど。甲板に出て遠ざかっていくスカイタワーを撮影する。すごく気持ちいい時間だった。

Waiheke1

ワイヘキは身近に行けるリゾート地として人気が高いようで、僕もNZ在住の複数の知人に勧められた。ぶどう畑に囲まれたワイナリーに立ち寄り、ランチ。かわいい建物を見て、「ここで結婚式したい」と思う恋人同士も多いだろう。僕はラムを食べたのだけど、美味でありました。

Waiheke2

そして、ご覧の絶景である。オークランドにいると、羊を見ることはほとんどないんだけど、ここにはいた。馬も。乗馬なども楽しめるみたい。ニュージーランドといえば、白ワインのほうが美味しいイメージがあるけど、この島は上質の赤ワインの産地としても有名だ。たくさんのワイナリーがあって、安価でテイスティングが楽しめる。ゆっくり時間がある人は一泊すれば、夜の絶景を楽しめるようだ。観光局のステファニーさん、田口さん、ありがとうございました。

ニュージーランドは、10回以上来ているけど、いつもラグビーざんまいで観光はめったに行かない。オークランドの友人は、「一度で良いから、夏に来てくださいよ〜」と強調する。いつか夏に行って、大自然を満喫してみたいな。最後に、ワイヘキ島での虹をご紹介して、ニュージーランド日記、終了。

Waiheke3

  • Line