ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/07

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2009年07月19日

ブレディスロー満喫

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

Edenp1

18日の午後、トライネーションズ観戦ツアーのみなさんと一緒にイーデンパークに入った。最初の写真は北スタンド。ただいまイーデンパークは、2011年ワールドカップに向けて南スタンドを改修中。いまは32000人のキャパしかない。ここはクリケットとの共用なので、ピッチと客席が遠いのだが、工事中とあって南スタンドの前に仮設スタンドが作られていて、実況ブースはその上に乗せられていた。おかげでタッチラインと非常に近い位置で試合を観ることができた。ただし、仮設スタンドはお客さんが動くたびに大きく揺れて、深緑郎さんも「船酔いしそう」というほど不安定。怖かった〜。

Edenp2

Edenp3

Eden6

試合前に、JSPORTSワイドという番組に生中継で出演したのだが、三洋電機ワイルドナイツの榎本淳平選手が他3人の選手と現地で短期の研修中で観戦に訪れており、一緒にピッチに降りた。オールブラックスの練習にも参加し、LOブラッド・ソーンの筋肉の大きさに驚いたそうだ。「僕ら、キカイダー先輩、と呼んでます」。

Edenp4

試合のほうは、放送を見た方も多いと思うが、危機感を持ったオールブラックスが怪我から復帰したリッチー・マコウのトライと、激しく前に出るディフェンスでワラビーズに競り勝った。6月のテストマッチでは、ソーンら一部の選手が目立ったのだが、この日は、HOホア、FLマコウ、NO8ソーイアロ、WTBシヴィバトゥら復帰組に引っ張られるように全選手がアグレッシブに戦った。ヘンリー監督も「これまでさび付いていた選手が、どんどん良くなってきた」と笑顔を見せた。ブレイクダウンでワラビーズに優っていたのは一番の勝因かもしれない。

ワラビーズは徹底的にキック戦法できたオールブラックスに対して、蹴り返す時のミスが多く、陣地をとれないままディフェンス時間が長くなった。スクラムで再三反則をとられたのも痛かったし、最後のチャンスでフリーキックから速攻したパールーのタップキックが不完全という判定で相手ボールスクラムになってしまうという焦りも。バーンズの先制トライのほか、前半はあと2つトライチャンスがあったのだが、反則、ミスで獲りきれなかった。

Horan

実は、試合前、元ワラビーズのティム・ホラン氏に会った。以前、来日したときに何度も会ったことがあったのでいろいろ話したのだが、「どっちが勝つと思う?」と聞いたら、「ワラビーズにも勝つチャンスがある。僕は1点差でワラビーズが勝つような気がしている」と言っていた。そして、終盤、22-16からワラビーズがトライ、ゴールをあげれば1点差で勝つ展開になったときは、言うとおりになるのか?と、ちょっと興奮した。結局はトライを取りきれずに終わったが、名選手の読みというのはけっこう的確なので面白い。6月のテストマッチシリーズで好調だったワラビーズ側から見ても、イーデンパークで勝つのは難しいということでもある。1986年以来、この場所で勝てないのだから。

試合後、満足げなツアー参加者のみなさんの笑顔が嬉しかった。試合前のラウンジでのひとときも凄く楽しいようで、僕ら実況解説陣は行けないのだが、飲み放題のディナーに、元オールブラックスが席に来てくれたり、試合が始まると元オールブラックスで日本代表でもあったグレアム・バショップさんの解説付きで観戦。試合後はホテルに帰ってくるオールブラックスを拍手で出迎えと、NZラグビーの楽しさを満喫されたようだ。みなさん、お疲れさまでした。

19日は、時間があったのでワイナリーに足を運んだのだが、それはまた帰国して書くことにしたい。

  • Line