ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/07

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2009年07月17日

オークランドは曇り時々雨

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

木曜日の夕方、関西空港を飛び立ち、金曜日の早朝6時、オークランドに到着した。機内では、1996年のブレディスローカップ「オールブラックス対ワラビーズ戦」をたっぷり観た。それにしても、この頃のオールブラックスはスター揃いだ。キャプテンはHOフィッツパトリック。マイケル・ジョーンズ、クロンフェルド、ジンザン・ブルックのFW第三列、マーシャル、マーテンズのHB団、リトル、バンスの両CTBに、バックスリーは、ロムー、ウィルソン、カレンの黄金トリオである。この試合は、当時NHKのBSで放送され、僕が解説させてもらった。実はしばらく観てから、「これ、しゃべったやん」と、気がついた。相変わらずのぼけっぷりだ。

オークランドの早朝の気温は7度。30度を超える東京から出てきたものにはきつい温度差だった。昨年は、検疫の厳しい国にうなぎを持ち込もうとしてあえなく失敗したチャレンジャー深緑郎さんも、今回はおとなしく入国。まずは、ツアー参加者のみなさんと市内観光に出かけた。

Eden1

Eden2

参加者は高校ラグビーの名門校OBや強豪チームを持つ企業に勤めた方がいたり、78歳で元気に4回目の参加となるWさんや、7回目の最多参加記録を更新中のKさんがいたりと、今回も楽しいツアーになりそうな顔ぶれである。まずは死火山マウントイーデンでオークランドを一望する。霧のかかった町並みは幻想的。でも、寒かった〜。

Maori

オークランド戦争記念博物館では、先住民族マオリ族のパフォーマンスを見学。なんだか懐かしい気分になった。これは、幼い頃に、「紅葉パラダイス」で見たハワイアンショーの影響ではない(ちょっと思い出したけど)。曲が演歌っぽかったり、ハカが相撲の土俵入りを思い起こさせたりと、日本文化と通じるものをいっぱい感じたからだと思う。女性ダンサーも親戚にそっくりだった。

ランギトト島が見渡せるデボンポートの海辺のレストランでランチをとってホテル入り。さっそく明日の試合に出場するオールブラックスの面々に遭遇して、お客さんのテンションも急上昇。ほとんどの参加者は、オークランド対ワイカトのプレシーズンマッチを観に出かけた。みんな元気だ。僕と深緑郎さん、矢野さんは、夜のトークショーの準備。さて、そろそろ始まるので会場に急ごう。

Hotel

ホテルには、明日の試合に備えてこんなバルーンも。


◎お知らせ
現在はサントリーサンゴリアスのコーチングスタッフであり、元オーストラリア代表監督のエディ・ジョーンズ氏、そして元南アフリカ代表監督のジェイク・ホワイト氏のコーチング・セミナーが以下の要領で開催されます。申し込み受付中です。

Winning Ways Coaching Seminar 

主催 株式会社 WRS JAPAN 
協力 慶應義塾大学/慶應義塾體育蹴球部 
日時 平成21年7月25日(土)〜26日(日) *雨天決行 
1日目 09:00〜受付開始
2日目 09:00〜受付開始      
両日とも終了17:30

場所 慶應義塾大学蹴球部・日吉グラウンド
※雨天の場合は、室内で座学となります。 

対象 中学・高校・大学・クラブ・社会人コーチ/監督 
定員 50名 
講習料 \40,000(2日間) ※1日のみ参加の場合は\25,000 
締切日 7月22日(水) ※定員になり次第締め切らせて頂きます。 

連絡先 〒350-1335  
埼玉県狭山市柏原3082-1-101 
株式会社 WRS JAPAN 
04-2997-8500 
[email protected]

  • Line