ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/07

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2009年07月10日

スクラムコーチ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

金曜日の昼間は、神戸製鋼コベルコスティーラーズのクラブハウスで、コーチのスティーブ・カンバランドさんのインタビューをした。今月25日発売の、ラグビークリニックに掲載されるものだ。カンバランドさんといえば、昨年来日して神戸製鋼のスクラムをレベルアップさせ、平島、山下という選手を日本代表に送り込む原動力になったスクラムのスペシャリストである。

スクラムについていろいろ聞いた。ただ、カンバランドさんのことをあまり知らなかったから、関係者に事前に聞いてみると、「ビーチサンダルでペタペタ歩いてます。エエおっちゃんですよ」とのコメント。広報担当の苑田選手に聞いても、「エエおっちゃんです。でも練習は厳しいですけどね」。で、実際に取材現場に現れたカンバランドさんは、やっぱりエエおっちゃんで、さっそくの写真撮影にも優しい笑顔で応じてくれた。

さて取材開始。プロフィールを確認すると…、あれっ?僕と同じ学年やんっ。同期やんっ。ってことは、僕も選手から、「村上のおっちゃん」とか言われてるわけか。

カンバランドさんは、カール・ハイマン、アントン・オリバーといった、オールブラックスの名フロントローを指導したほか、ダーモディ、マッキントッシュといった最近のオールブラックスも育てている。そのカンバランドさんが、「松原は素晴らしい。スーパー14でも、彼以上のフッカーは探すのが難しい」と絶賛していた。特にフィールドプレーは素晴らしい、と。実際にはもっと誉めていた。そのあたりの内容、そしてスクラムの基礎、コーチング哲学などについては誌面をお楽しみに。

ホンマ、ええおっちゃん、ええコーチでした。通訳でサポートしていただいた井上聖人さん、ありがとうございました。さあ、今夜は冨岡耕児選手とのトークイベント。その様子は明日以降にご紹介します!

  • Line