ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/07

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2009年07月10日

ワールドトロフィーのこと

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

暑い日が続きます。みなさん、お体ご自愛ください。

さて、9日のプレスリリースでは、【アジアラグビー協会からの通知】として、今年に限ってU20日本代表がジュニアワールドラグビートロフィー (JWRT)アジア地区予選の参加を免除されるという発表があった。

来年からU20世界ラグビー選手権(JWC)の参加枠が、現行の16から12に減らされることは今年の大会前に発表されていた。IRB(国際ラグビーボード)の経済的な問題でチームを減らすことになったのだが、このためJWCから下位4チームが下部トーナメント(JWRT 2010)に地区予選から参加する予定となっていた。ただし、詳細は決まっていなかった。

今回は、IRBが日本のアジア予選免除をアジア協会に通知し、アジア協会も了解したようだ。もともと、6月の大会が終わったあとにすぐ新チームを編成して9月の予選に臨むというのは酷な話だった。だから、今季に限り4チームがそのままJWRTに出場することは自然だと思うのだが(日本と一緒にJWRTに回ることになったイタリア、カナダ、ウルグアイがどうなるかについては発表されていない)、そのために9月に予定通り行われるU20アジア大会に優勝したチームがJWRTに出場できるという特典はなくなってしまった。複雑な気持ちになる。日本が出場していても優勝した可能性は高いのだが、16を12にする時に、IRBにはもう少し時間をかけてほしかった。

前向きなことだけ書けば、アジアのラグビーを引っ張る立場の日本として、来年のJWRTで優勝し、JWCに昇格することで、他のアジアのチームがJWRTに出場できるように頑張らなければ。

世界大会といえば、2015年、2019年ワールドカップの開催国としてイングランドと日本が推薦されたことはこの日記でも紹介した。僕は2019年の日本開催には100%前向きだし、喜ばしいことではあるのだが、関係者に話を聞いていると、みなさんけっして楽観はしていない。7月28日のIRB理事会で否決される可能性もあるからだ。対抗は、イタリア、南アフリカのセット。理事会までの票固めが鍵を握る。

  • Line