ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/07

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2009年07月26日

ラグビーマガジン9月号

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

2015年、2019年のワールドカップ開催国決定が迫っている。日本時間では、28日深夜になりそう。IRB理事会で、いま推薦されているイングランド、日本が否決されれば、投票で開催国を決めることになるので、さらに時間がかかるかもしれない。日付は29日に変わるかも。

土曜日の夜は、トライネーションズ第2戦、南アフリカ代表スプリングボクス対ニュージーランド代表オールブラックス。凄まじい試合。後半は息切れしたところもあったけど、視聴可能の方は、いまからでもぜひ。

Cover_0909

25日はラグビーマガジン9月号、ラグビークリニックの発売日でもあった。ラグマガの特集は「ジャパンは強くなったか。」。ショーン・ウェブ、豊田将万のインタビューもある。ウェブは熱く、豊田は世界と戦った実感を素直に語る。大学春シーズン総括は、大学ラグビーファンには必読。ラグビークリニックの特集は「カウンターアタック」。現代ラグビーのなかでカウンターアタックの重要性がよく分かる。

Rugbyclinic_18

7月24日、25日、台湾の高雄で行われていた「第8回 ワールドゲームズ2009」の7人制日本代表は、初日、アルゼンチン、フィジーに健闘したものの、香港からの1勝でグループA3位となり、25日は、ポルトガル、アメリカにも敗れ、7-8位決定戦で香港に再び勝利して大会を終了した。

◎村田監督コメント
「ケニアでのサファリセブンズに続き、日本人だけの若いメンバーでワールドゲームズを体験できたことは、大きな収穫。若手で世界の強豪国相手に、多くの競った試合ができ、見ている側には日本ラグビーの素晴らしさを伝えることができたのではないか。しかし、最終的に勝利に結びついていないので、ここからが今後の課題。7人制日本代表のレベルアップを目指し、今後もチーム一丸となって世界にチャレンジしていきたい。関係者、ファンの皆様、たくさんのご声援ありがとうございました」

追記◎コメント欄で、来年開催の女子ワールドカップについてのご質問ありましたが、日本は、11月にシンガポールで行われるアジア予選を突破すれば出場することができます。ライバルはカザフスタンと目されます。

  • Line