ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/07

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

愛好速報 2009年07月29日

2019W杯日本開催決定!

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

7月28日、アイルランドのダブリンでIRB理事会が開催され、2015年、2019年ラグビーワールドカップの開催国が決まった。2015年=イングランド、2019年=日本である。

現地での記者会見の様子は、インターネットで生中継され、日本ラグビー協会会議室に集った日本の報道陣が見守る中、投票結果が発表された。賛成=16票、反対=10票。

Wc

日本協会での記者会見には、森喜朗・招致委員会会長、和田文男・招致委員会副会長、岡本武勝・日本協会事務局長、大畑大介選手(キャプテン会議代表)が出席。喜びを語った。写真は、現地の真下副会長・専務理事と電話で談笑する森会長。以下、簡単にコメントを抜粋。

「感無量。ラグビーにとって歴史的な日。アジアのために、という訴えが認められたということです。ホスト国としての責任もあります。しっかり体制を作っていかなければいけない」(森会長)

「いい結果が聞けて興奮しています。子供の頃、テレビで見ていたワールドカップが日本で行われるなんて夢にも思いませんでした。むっちゃむちゃ嬉しいです」(大畑選手)

「率直に喜んでおります。10年間でどう成功に導くか。今月で招致委員会を解散し、開催準備委員会を立ち上げたい。外部からも専門知識を持った有能な人材に入ってもらうつもりです。10年後にピークを迎える選手層を強化していかなければいけない。グローバリゼーションは基本理念であり、アジアの普及も続けていきたい」(和田副会長)

取り急ぎ、速報にて。もちろん、僕も、めちゃくちゃ嬉しいです。

さあ、これから2019年に向けて、その後の日本ラグビー、アジアラグビーをどう発展させていくのか、日本代表の強化をどう図るのか、やるべきことは山積している。でも、そういうことを前向きに考えられるのは嬉しいかぎり。ラグビー愛好家のみなさんも、きっと10年後の自分をいろいろ想像していることだろう。10年後の世界一決定戦にどんな関わり方をするか、それぞれの夢が広がりますね。

  • Line