ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/05

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2009年05月21日

重要情報ズラリ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

きょうはひたすらパソコンに向かう日だったのだが、書かなきゃいけない情報がいっぱいある。まずは、アジア五カ国対抗、対シンガポール代表戦の日本代表出場予定メンバー

1仲村慎祐、2青木佑輔、3畠山健介、4大野均、5北川勇次、6菊谷崇、7中山義孝、8タウファ統悦、9田中史朗、10大田尾竜彦、11冨岡耕児、12ジャック・タラント、13平浩二、14吉田大樹、15五郎丸歩/16金井健雄、17山下裕史、18北川俊澄、19豊田将万、20吉田朋生、21ショーン・ウェブ、22ライアン・ニコラス

ジョン・カーワンHCコメント
「厳しい環境の中での試合になるが、我々が目指すラグビーを実践し、精度の高いプレーを期待している。パシフィック・ネーションズカップに繋がる非 常に重要な試合、敵は自分たち自身、どんな相手にも100%で戦う闘争心と、メンタル面での強さを見せて欲しい」

興味深い情報はコチラ。元日本代表SOで、7人制日本代表のコーチを務める岩渕健輔さんが、日本ラグビー協会のハイパフォーマンスマネージャーに就任する。日本協会のプレスリリースには次のようにある。

「中長期的視野での日本ラグビー強化のため、日本代表を頂点とした一貫したコーチングプログラムならびに選手育成プログラムなどの構築を行う、ハイパフォーマンスマネージャーに、元日本代表の岩渕健輔氏が就任することを決定いたしました。今後は、代表チームの各カテゴリーはもちろん、協会内の各種委員会とも連携をとりながら、業務を行い、早期のコーチングプログラム構築を目指します。尚、岩渕氏には、7人制日本代表チームのコーチ(選手兼任)についても引き続き担当していただきます」

青山学院大2年時に日本代表に初選出された天才肌の選手だったが、'98年にケンブリッジ大に入学。'99年12月、オックスフォード大との伝統の定期戦に出場し、イギリス社会で文武両道の極地とされる「ブルー」の称号を得た。卒業後、所属先の神戸製鋼を退社してプレミアシップのサラセンズとプロ選手契約。福岡サニックスブルース、セコムラガッツにもコーチ兼任選手として所属した。

僕もJsportsの収録やイベントなどでよく一緒に仕事させてもらうので、彼の聡明さには感心させられてきた。語学も堪能で日本代表選手であり、ケンブリッジ大学で学び、イングランドのプレミアシップ、フランスのコロミエクラブにもプロとして所属した。これほどの経験を日本ラグビー発展のために使ってもらえるのは頼もしいかぎり。IRB(国際ラグビーボード)とのやりとりなどでも活躍してもらいたいと念願している。

神戸製鋼コベルコスティーラーズからは、新外国人選手の加入情報が。オーストラリアのNRL(「リーグ」と呼ばれる13人制ラグビーのプロリーグ)で活躍し、リーグのトンガ代表としてリーグワールドカップにも出場しているCTBフレイザー・アンダーソン選手(193㎝、105㎏、25歳)である。パワフルな巨漢選手の加入で神戸製鋼のBKラインに厚みができそう。

日本で一般的に知られているラグビーは「ユニオン」、13人制は「リーグ」として区別され、ルールも統括団体も違う。最も盛んなのはオーストラリア。ただし、元々は同じスポーツだったし、ボールを持った選手が走り、タックルするところは同じなので、選手の行き来はある。今季より、トップリーグの外国人枠は3人のうち1人は日本代表資格のある選手か、資格を持つ可能性のある選手ということになった。つまりは他国の代表になっていない選手が必要ということで、ユニオンとは別のスポーツであるリーグ選手の来日は他にも出てくるかもしれない。

トップリーグの情報では、コカ・コーラウエストレッドスパークスが、5月30日、福岡市東区のさわやかスポーツプラザで、「ラグビーフェスタ2009〜初夏の風の中家族で楽しもう!〜」を開催する。

高校生を対象にしたラグビークリニックや、小学生のタグラグビートーナメント、女子ラグビーの試合、ファン交流会などが行われる。試合は午後1時10分から、コカ・コーラウエストレッドスパークス対リコーブラックラムズ戦が行われる予定。

先日、コメント欄でご質問のあった、今シーズンのここまでのスーパー14のオススメ試合だが、放送全試合を観ているJsportsディレクター、オリティ(愛称です)に、ベスト5を聞いてみた。僕は数試合見られていないものがあるのだが、見た試合に関しては異論はなし。今後2009年スーパー14の一挙放送も予定されている。

Week2 2月21日
ブランビーズ 対 クルセイダーズ
Week9 4月10日
ウエスタンフォース 対 ハリケーンズ
Week12 5月1日
ハリケーンズ 対 ブルーズ
Week13 5月9日
ブランビーズ 対 ブルーズ
Week14 5月16日
シャークス 対 ブルズ

「全体的にスーパー14らしく速い展開のボールが動く試合を選びました」(オリティ)

  • Line