ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/05

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2009年05月30日

JWCまで1週間

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

U20世界ラグビー選手権開幕まであと一週間。U20日本代表は最後の仕上げ段階に入っているが、金曜の夜は、東芝ブレイブルーパスとの練習試合を行った。「壮行試合として真剣勝負したい」という瀬川監督の言葉通り、東芝の選手達もU20日本代表を送り出すために真剣なプレーで向き合った。ベイツ、ヒル、豊田らが激しく突進し、オフロードパスでサポートの選手を走らせる。U20もFL杉本、SO立川、CTBハベアらが激しいタックルを見せていたが、波状攻撃を止めるのは難しかった。前半は東芝の勢いに飲み込まれた感じだったが後半は盛り返し、最終スコアは64―28で終えた。課題が浮き彫りになる興味深い試合だった。でも、トップリーグ王者の強いコンタクトと巧さを経験したことは、きっとイングランド、サモア、スコットランド相手に生きるはずだ。

30日からは、世界のインターナショナル試合も一気に行われる。ブリティッシュ・アイリッシュライオンズの南アフリカツアーも緒戦を迎え、ライオンズに選ばれなかった選手のイングランド代表は英バーバリアンズクラブと対戦する。バーバリアンズは、元オールブラックスのPRグレッグ・サマヴィル、LOクリス・ジャック、SHジャスティン・マーシャル、WTBダグ・ハウレット、アイルランド代表のCTBゴードン・ダーシー、イングランド代表のマーティン・コリーなど錚々たるメンバー。このバーバリアンズは、6日にはオーストラリア代表と対戦する。この試合は、Jsportsでも放送予定だ。

そして、30日の深夜はスーパー14の決勝戦が行われる。ブルズは、ホームのロフタス・ヴァースフェルドで戦えるのが強み。50,000人のサポートは何より心強い。チーフスの攻撃力がどこまで通じるか。僕と深緑郎さんで解説です。生放送。好ゲームに期待大。

スーパー14・2009決勝
5月30日(土)24:20〜 J sports 2
ブルズ 対 チーフス

  • Line