ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/04

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2009年04月23日

大泉町にて

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

23日の木曜日は、三洋電機ワイルドナイツの日本一連覇感謝の会に参加してきた。今回は、地元、大泉町の商工会のみなさん、ワイルドナイツ応援団、東毛ワイルドナイツのラグビースクールの子供達やお母さん方といった、ワイルドナイツの地元の方々を招いての感謝の会ということで、群馬県邑楽郡大泉町にある会社の施設で開催された。

200904231820000

僕は三洋電機に大学の先輩・後輩が多いこともあって、司会進行を務めることに。かなり緊張したけれど、温かい雰囲気に助けられて楽しく進行することができた。写真は大泉太鼓の演舞。トップリーグで個人表彰をされた選手達の紹介も行われ、僕がインタビュアーになったのだが、北川智規選手のときに、「サスケ!」と会場から声がかかって、「ラグビー界の代表としてファーストステージで終わって、すみません!」とテレビ番組での謝罪で会場が沸く場面も。

飯島均監督は、地元のみなさんに新シーズンへの決意表明。「実は昨年はもっと楽に勝てると思っていました。でも実際には怪我人が多くて苦しい戦いでした。また厳しいシーズンになると思いますが、常々選手には結果は準備で決まると話しています。この4、5月で勝負は決まる。昨年の一歩上を行くチームを目指します」と力強く語った。

ワイルドナイツ応援団のエールに続いては、榎本淳平キャプテンが感謝の言葉を述べ、その感謝状が、サポーターを代表して、東毛ワイルドナイツラグビースクールの大谷キャプテンに手渡された。そういえば、このラグビースクールには、FB田辺淳選手の息子さん(ジャック君)もいて、田辺選手に紹介してもらった。「似てないでしょ?」。実はその顔が田中史朗選手に似ていることから、田中選手の愛称が「ジャック」になったのだが、「いやいや、似てますよ」。間違いない。ということで、シーズン振り返りVTRもあり、選手達の奥さんや子供達もたくさん参加する地元への感謝の会は、あっというまに終演となった。

この会を仕切っていた、大学の先輩の盛田さん。リハーサル時の軽いダンスのキレは相変わらずで、それが妙に嬉しかった。

  • Line