ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/04

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2009年04月22日

ライオンズ・メンバー

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

21日、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズのメンバーが発表になった。このチームは、アイルランド、イングランド、ウエールズ、スコットランドの4協会の代表チームで、アイルランド共和国が含まれているため、全英代表とは言わない。このところは4年に一度編成され、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカに遠征している。今回は、1997年以来12年ぶりの南アフリカ遠征で、5月30日から7月4日まで、3テストマッチを含む全10試合の遠征だ。

ヘッドコーチは、元スコットランド代表選手、監督のイアン・マギーカン。ライオンズを率いるのは4度目となる名将である。

発表された37名のスコッドは、シックスネイションズを制したアイルランドから14名、ウエールズから13名、イングランド8名、そしてスコットランドは2名のみ。キャプテンは、ハイネケンカップで準決勝に進出しているマンスターのキャプテンを務めるアイルランド代表LOポール・オコンネル。先頭で体を張ってライオンズをリードする。一方、イングランドのキャプテンLOボースウィック、ウエールズのキャプテンFLライアン・ジョーンズは選ばれなかった。

FB=Lee Byrne (Wales)、Rob Kearney (Ireland)
WTB=Shane Williams (Wales)、Leigh Halfpenny (Wales)、Ugo Monye (England)、Luke Fitzgerald (Ireland)、Tommy Bowe (Ireland)
CTB=Tom Shanklin (Wales)、Jamie Roberts (Wales)、Brian O'Driscoll (Ireland)、Keith Earls (Ireland)、Riki Flutey (England)
SO=Ronan O'Gara (Ireland)、Stephen Jones (Wales)
SH=Mike Phillips (Wales)、Harry Ellis (England)、Tomas O'Leary (Ireland)

PR=Gethin Jenkins (Wales)、Adam Jones (Wales)、Andrew Sheridan (England)、Phil Vickery (England)、Euan Murray (Scotland)
HO=Jerry Flannery (Ireland)、Lee Mears (England)、Matthew Rees (Wales)
LO=Paul O'Connell, capt (Ireland)、Alun Wyn Jones (Wales)、Donncha O'Callaghan (Ireland)、Nathan Hines (Scotland)、Simon Shaw (England)
FL/NO8=David Wallace (Ireland)、Stephen Ferris (Ireland)、Alan Quinlan (Ireland)、Joe Worsley (England)、Martyn Williams (Wales)、Jamie Heaslip (Ireland)、Andy Powell (Wales)

小さな勇者シェーン・ウイリアムズ、アイルランドのルーク・フィッツジェラルドなど、個人的に楽しみな選手も入った。この6月は、JWC(U20世界ラグビー選手権)、日本代表が参加するパシフィックネーションズカップもある。いい試合がたくさん見られそうで、胸躍る気分だ。

  • Line