ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/04

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2009年04月24日

ラグビーマガジン6月号

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

土曜日は、東大阪市の近鉄花園ラグビー場で、日本代表対カザフスタン代表戦が行われる(午後3時キックオフ)。キャプテンの菊谷は怪我の回復が間に合ったようだ。タウファ統悦は、ホームグラウンドでの代表デビューとなる。

日本代表のメンバーは以下の通り。1平島久照、2 青木佑輔、3山下裕史、4北川俊澄、5ルーク・トンプソン、6フィリップ・オライリー、7菊谷崇、8タウファ統悦、9矢富勇毅、10ショーン・ウェブ、11小野澤宏時、12今村雄太、13ブライス・ロビンス、14吉田大樹、15五郎丸歩/16金井健雄、17仲村慎祐、18マイケル・リーチ、19大野均、20田中史朗、21大田尾竜彦、22ジャック・タラント

Cover_0906

25日はラグビーマガジン6月号と、ラグビークリニック初夏号の発売日。クリニックの特集は、「ディフェンス」。僕は東芝ブレイブルーパスの仙波選手と、三洋電機ワイルドナイツの入江選手にインタビューしたが、それぞれのチームの特徴が表れていて面白いと思う。

Rugbyclinic_17

ラグマガのほうは、引退選手、新天地での抱負を語る選手など春ならではの内容だ。東芝ブレイブルーパスの渡邉泰憲選手のインタビュー、その内容がすごくかっこいい。満身創痍で戦ったシーズン終盤の覚悟の決め方、その言葉に胸を打たれる。「申し訳ないけど、オレ全部出しきっちまったよ」。そう言えるまで頑張れるってなんだか羨ましい。

NECグリーンロケッツの現役を引退し、早稲田大学のコーチになる辻高志選手もいいこと話している。「僕は夢を叶えるためにラグビーをやった」、「僕の中の出し切るとは、練習で出し切ること」、「僕はアクセルしか踏めない」。全身全霊で戦った辻選手だから言える言葉の数々。ぜひ、全文お読み下さい。

ほかにも、多くの選手の気持ちの入った言葉が並んでいる。

  • Line