ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2009/04

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

ちょっと気になる 2009年04月30日

ちょっと気になる23「フラカン」

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

NZUの試合後、恵比寿に向かった。フラワーカンパニーズのライブに行くためだ。縁あって、このバンドのアルバムを聴くようになり、ライブに行きたくなった。想像以上にパワーがあって、すごく良かった。僕が好きな「サヨナラBABY」「大人の子守唄」もやってほしかったけど、十分満足だった。もちろん僕は、飛び跳ねるタイプではなく、後ろのほうでその様子を楽しく眺めていた。スタンディングなので、背が高くて良かった〜と実感。で、この日はフラカンのファンのみなさんの中に、初対面なのに僕と同じ小学校だったり、共通の知人がいたりと偶然が重なる日だった。一番びっくりしたのは終演後。バンド結成20周年Tシャツを買う列の中に、僕のトークイベントなどにも来てくれているラグビーファンの方を発見。向こうもびっくりしていて、話してみたら10年前からフラカンのファンなんだそうだ。「フラカンとラグビーには共通点があります! 熱いです!」。なるほど。まあ、ここにいたラグビー愛好者は僕とこの人だけだったかもしれないけれど、頷けるコメントだった。フラカン、気になるバンドである。

  • Line