ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2008/02

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

お薦めマッチ 2008年02月14日

お薦めマッチ_0214

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

国内ラグビーはいよいよクライマックスだが、世界はこれから夏にかけて次々に面白い試合がある。15日の金曜日は、2008年のスーパー14が開幕する。

開幕カードは、NZのクルセイダーズと、オーストラリアのブランビーズの対戦。クルセイダーズは、スーパー14後にオーストラリア代表監督として動き出すロビー・ディーンズ監督が最後の指揮をとる。15日は、キャプテンのFLリッチー・マコウ、SOダニエル・カーター、FBレオン・マクドナルドらのビッグネームに、ブルースから移籍のLOアリ・ウィリアムスも出てくる。クリス・ジャックが海外移籍したと思ったら、アリ・ウィリアムスだから、ほとんど戦力ダウンは無しである。

ブランビーズは、グレーガン、ラーカムのHB団が抜けたが、期待の大型SHジョッシュ・ホームズ、SOには、スーパー14デビューとなるクリスチャン・リアリーファノが出てくる。7人制オーストラリア代表選手だが、さてどんなプレーを見せてくれるか。キャプテンは、オープンサイドFLジョージ・スミス。弟のタイロンもリザーブ入りだ。

最大の注目点は試験的ルールの採用である。詳しくはJSPORTSで解説しながら話していきたいのだけど、気になるのはスクラムのオフサイドラインが今より5m下げられること。そして、これまでペナルティキック(PK)になっていた、ノットロールアウェイ、ノットリリースザボール、オーバーザトップなどがフリーキック(FK)になること。つまり、PKからタッチを蹴って再度ラインアウト、という攻め方ができにくくなる。タックル後、すぐにオフサイドラインが発生するのも、攻めるスペースを大きくするだろう。これらは試験的なものなので日本ですぐに採用されるものではないが、今後の改正を見据えて準備は怠らない方がいいだろう。とにかく、運動量アップは間違いないので選手のフィットネスもさらに高いものが求められるはずだ。楽しみ。

2008 スーパー14 開幕戦
2月15日 (金) 15:25〜 J sports 1 ※生中継
クルセイダーズ対ブランビーズ
※その他の試合など、詳しくはJSPORTSのHPをご覧ください。

◎愛好的観劇日記【二人の約束】観ました。渋谷PARCO劇場にて。作・演出=福島三郎、出演=中井貴一、段田安則、りょう。30年前に交わした約束をめぐって中年男2人と幼馴染みの女が巻き起こす笑いと涙の物語。というわけで実は先週観たのだが、作者の狙い通り、僕は笑って泣いた。僕の好きな人ばかり出ていたから見たい芝居だった。中井、段田コンビは安心して見ていられる。それに面白い。子供の頃の約束をずっと忘れない人って、きっと実在すると思うけど、いいな。

  • Line