ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2007/03

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2007年03月28日

大畑選手&東芝祝勝会

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

Ohata

水曜日は盛りだくさんの日だった。まずは東京都北区にある国立スポーツ科学センターに、日本代表のフィットネス&メディカルチェックを見に行った。アキレス腱の手術以降、リハビリ中の大畑大介選手も参加。やや色白に(写真)。普通に歩けるようになっており、「日常生活は問題ないです。ラグビーはできませんけど」と元気に答えてくれた。もちろん報道陣に囲まれ、復帰メドについても質問が。「目標を決めると焦りが出てしまうので、今できることをやっていきます。でも、順調すぎるくらいです」。お医者さんに走らないように止められている状況であることを明かした。「いつも練習しながら治そうとしてきたのですが、今回は治すことに専念します」とのこと。ただし、クラシック・オールブラックスのメンバーを見ると、「試合できるみんなが羨ましい」とのことで、「メンバー見て、うわっ、おっさんばっかりやんと思ったら、僕と同世代やった」と報道陣の笑いもしっかりとっていた。

Multi

この日は注目のSOアレジはじめ、SO廣瀬俊朗、SH矢富、CTB今村、FB五郎丸ら若手に、NO8箕内、FL木曽、LO大野、熊谷、CTB大西、PR山村など経験豊富な選手も参加。活気があふれていた(写真は、左からアレジ、今村、矢富)。矢富選手にインタビューしたのだが、クラシック・オールブラックスのSHジャスティン・マーシャルが憧れの選手だったらしく、「対戦できれば夢のようだし、握手だけでもしてもらいたい」と興奮気味に話していた。他にも数名の選手と話したが、クラシック・オールブラックスのメンバーにはみな驚き、対戦を心待ちにしているようだった。

この春、三洋電機ワイルドナイツを退団する巨漢LO佐藤剛選手もスコッド候補選手として参加していた。サントリーサンゴリアスの篠塚選手の負傷により、長身選手が手薄になったための措置で、LOなどに負傷者が出たときは佐藤選手がバックアップに控えるということになる。4月からはフリーの身となる矢先に声がかかり、佐藤選手もやる気十分。「自分のわがままでチームを辞めることになったので、別の日本チームへは今年は行きません。日本代表に呼んでもらったら、いつでもプレーできる準備はしておこうと思います」。NZでプレーすることも視野に入れて、今後を模索中のようだ。

Toshiba_1

夜は、東芝ラグビー部優勝祝勝会に出席。写真の通り、勇退する薫田監督はじめ全選手からも一言ずつ挨拶があった。新しく就任する瀬川智広監督も挨拶に立ち、「目指すのはボールを動かすラグビーです」とさらなる進化を目指す。キャプテンには、廣瀬俊朗選手が就任する。下の写真は、中指にチャンピオン・リングが光るナタニエラ・オト選手。このリングは初めて作成された。オト選手は、「瀬川さんは厳しい人。薫田監督より練習は厳しいかもしれない」と言っていた。薫田監督の言う「親に見せられない練習」より、さらに厳しい練習って、怖い。

Oto_1

  • Line