ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2007/03

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

試合レポート 2007年03月21日

全日中法専四大学対抗

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

水曜日は秩父宮ラグビー場バックスタンドでほのぼのと試合を観させてもらった。まずは、全中央大対全日大戦。全日大は、この日記でもお伝えしていたとおり、大野均(東芝)、タウファ統悦(近鉄)、沢木敬介、澤木智之(サントリー)、窪田幸一郎(NEC)、今利貞政(ヤマハ)に昨季まで東芝でプレーしていた日原大介など豪華メンバー。しかし、全中大も、小野澤宏時(サントリー)、塚越賢、大室歩(東芝)、松田雄(リコー)らが顔を揃えて互いに思い切って攻め合った。沢木から今利、そして窪田にパスが回ってディフェンスを突破するシーンもあって、楽しんで観ることができた。日原選手は、1年のブランクを感じさせないプレーぶり。バックスタンドには、サントリーや東芝のチームメイトが多数詰めかけ、ここに来ていたファンの人たちはラッキーだったかも。

結果は、36-19で全日大が勝ったのだが、試合後は、沢木、澤木、関根、松田ら、この日限りで現役を引退する選手たちの胴上げが行われた。一番多くの花束をもらっていたのは、引退を発表したばかりの沢木敬介選手。沢木選手は13番の背番号をつけていたのだが、SOでプレーしていた。理由を問うと、「大学の時に付けていた番号で出ようということになって」と、日原=10番、関根=12番でのプレー。「きょうは日大のカラーで、スクラム、モールを押してBKで縦に行こうとプレーしました。現役に日大らしさを見せられればいいと思って」と、昨季途中から不祥事で公式戦辞退という状況に立たされた現役チームに対して、OBのみのメンバー編成で激励の意味も込めた快勝だった。

日本代表スコッドに選出されながらの引退の理由について沢木選手に少し話を聞いた。「首の怪我があって、どうしても首をかばってタックルしてしまうんです。清宮さんやJKの期待に対し、100%でプレーする自信がないままやるのは無責任だと思いました」。サントリーの清宮監督、日本代表の太田GMとも相談しての決断だったようだ。「ジャパンは強くなると思います。JKの熱さにみんながついていけば、必ず強くなりますよ」。

試合には出場しなかったが、中央大OBの長谷川慎選手も顔を見せており、試合後は、サントリーの後輩である青木選手が花をプレゼントしていた。「俺も引退なんやけどな〜と思ってたら、青木が。あいつ、こういうとこ気が利くんですよね」。来季からはFWコーチとして後進の指導に専念する。「コーチ目線で教えてやりたい。もし教えきれなかったら僕が出ます。選手登録料500円ですから」と報道陣を笑わせていた。

第2試合の全法大対全専大戦が、これまた豪華なメンバーだった。要するに、この4大学からは多くのトップリーガーが生まれているということなのだけど。全法大は、坂田正彰、池谷陽輔(サントリー)、熊谷皇紀、浅野良太(NEC)、浅田一平、赤沼源太(トヨタ)、金澤良(リコー)らを法大1年生SO文字隆也ら学生がからむ夢の布陣。実際に、文字のパスセンスは光っていたし、西條正隆、山本秀文の両WTBのスピード、CTB田沼崇のパスも見事だった。法政のBKはいつだってスピード豊かだ。

全専大では、小嶋信哉、須田康夫(日本IBM)、大東毅(NEC)、舛尾敬一郎(ワールド)、村田亙(ヤマハ)、伊藤護(東芝)、吉田尚史(三洋)らが出場。SH村田、SO伊藤がHB団を組み、ともに俊足を生かして防御を崩していた。村田選手は、ほんと衰えないなぁ。最終スコアは、52-34と全法大が快勝だったが、熊谷に大東がタックルしたり、そんなマッチアップを観ているだけでも楽しい試合だった。舛尾選手と試合後、少し言葉をかわした。来季はトップウエスト所属となる。「大東とは久しぶりに一緒にプレーしましたね。トップリーグに戻って、上で戦えるように頑張りますよ」。年齢的にベテランの域に入ってきたが、まだまだ引退は考えていないようだ。

  • Line