ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2007/02

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

愛好速報 2007年02月18日

日本選手権準決勝結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

準決勝結果です。まだ知りたくない皆さんは、気をつけてください。

ただいま秩父宮ラグビー場のインタビュールームである。両チームの記者会見が終わったところだ。東芝ブレイブルーパス対ヤマハ発動機ジュビロの試合は、47対10(前半28-0)で東芝が勝利した。前半4分に、WTB吉田が先制トライ。11分には、モールを押し込んでNO8ホルテンがトライ。先手先手に仕掛けた東芝が、そのままの勢いで後半もスコアを重ねた。ブレイクダウン(ボール争奪局面)での強さ、上手さで圧倒し、見事なボールつなぎを見せての快勝だった。SO廣瀬のキック力、突破力は際立っていた。

「前半、受けにまわってしまったことがすべて」と、ヤマハの木曽キャプテン。もちろん、前に出ようとしていたのだから予想以上の東芝のプレッシャーだったということだろう。トップリーグではヤマハが勝っていたが、東芝の冨岡キャプテンは「このスコアは、みんなが成長した結果」と勝利を喜んだ。

東芝の薫田監督は「ディフェンスの面が乱れなかった。うちの持ち味を出せたと思う」とコメント。今季限りで退任するが、「次は私個人のラストゲームであると同時に、冨岡と5年間やって来て、彼とのペアとしてのラストゲームでもある。いいゲームを見せたい」と静かに語った。

花園ラグビー場は、39対17(前半17-7)でトヨタ自動車ヴェルブリッツが勝利。サントリーサンゴリアスは決勝に進むことができなかった。東芝の記者会見では、当然、この件についても質問が出たが、冨岡キャプテンはこう答えた。「サントリーもいいチームだが、マイクロソフトカップの準決勝でやった時に、トヨタの強さに気持ちを折られそうになった。僕はトヨタのほうが強いと感じていたので決勝に上がってくると思っていた。もう一回やれるのは嬉しい」。薫田監督も「トヨタは真っ向勝負で来るので、これがラグビーだ、という試合が見せられると思う」と決勝戦を見据えた。

決勝は、2月25日、午後2時より秩父宮ラグビー場にて。

追記◎いつもはもっとゆっくり書くのですが、きょうはこれからJSPORTSのスタジオで、スーパー14の解説などあり、速報にしました。それにしてはちょっと長めでしたが。冨岡キャプテンは、マイクロソフトの準決勝のあとに取材をしたときから「トヨタは強い。今回と同じようなパフォーマンスができたら、サントリーに勝つと思いますよ」と言っていた。想定通りの決勝なのかもしれない。花園で行われたトヨタ自動車対サントリー戦の感想などは、録画を見て改めて書きたいと思います。

同日、花園ラグビー場で行われた三地域対抗試合は、関西代表が28-24で九州代表をくだしました。序盤は九州代表が圧倒して、19-0とリード。前半終了間際から関西代表が盛り返したようです。

  • Line