ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2007/02

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2007年02月08日

海外ラグビーのこと

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

怒濤の5日間が終わり、ほのぼの系の話題を書こうと思ったら、7日の夕方になって残念なニュースが流れた。トップリーグの選手が容疑者として逮捕された件である。本人は容疑を否認しているが、特にトップ選手は自分一人の責任ではすまされないこと自覚して行動してもらいたいと思う。

水曜日はサントリーサンゴリアスのグラウンドに行ってきた。有賀剛選手のインタビューである。怪我は大丈夫のようで「今は日本選手権で勝つことしか考えていません」と言っていた。マイクロソフトカップの決勝戦については、最後のタッチキックをもっとゆっくり出せば良かったとか、PGを狙わなければ良かったなど、勝敗の細かい綾はあったが、それよりチームとして「東芝に対してチャレンジできていないことが問題だった」という認識のようだ。ラインアウトで相手ボールを奪いながらタッチキックを蹴ったり、前半、風下なのに果敢に攻めなかったことなど修正点は多い。再戦が実現すれば、さらに面白い試合になりそうだ。

7日のプレースリリースでは、ヤマハ発動機ジュビロの内定者が追加になっていた。白鴎大で4年間プレして今春卒業予定のデーリック・トーマス選手(LO、FL、NO8 192㎝、116㎏、21歳)。元U18フィジー代表である。

【海外ラグビーについて】
国内に書くことが多すぎるために海外ラグビーについてあまり触れられないのだけど、シックスネイションズ、スーパー14ともに面白い試合が多い。今年のブルーズはなかなかやります。NZの友人が、今年のポスターを写真に撮って送ってくれた。毎年、工夫してるなぁ。

1020246_img

おそらく、JSPORTS視聴者の多くの方がどんどん録画がたまって見る時間がないという悪循環に陥っているように思う。スーパー14を毎週全試合見るというのは至難の業だ。でも、結果を知らずに見たい人が多いと思うので、この日記では基本的に海外の結果は書かないようにしたい。ただ、次の週のことを書くときに勝敗が分かってしまうことはあると思うので、そのあたりは気をつけて読んでください。

先週末の試合で僕が面白いと思ったのは、ブルーズ対クルセーダーズの開幕戦と、チーフス対ブランビーズ戦である。ブランビーズはボール運びが実に上手い。ジョージ・スミスの髪型が変わっていて一瞬誰だか分からなかった。シックスネイションズのイングランドはウィルキンソンの復活で必見だ、と言うことは書いたのだが、ウエールズ対アイルランドもめちゃくちゃ展開が早くてワクワクする。PKからの息をもつかせぬ速攻合戦は、日本がこれから勝とうとする相手がいかに仕掛けが早いかを見せつけられる。アイルランドのBKラインの間隔、深さは興味深かった。アイルランドSOオガーラも円熟期を迎えている。イタリアはちょっと策がなかったかな。

  • Line