ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2007/02

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2007年02月06日

トップリーグ表彰式

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

火曜日の午後1時、東京プリンスホテルにて「ジャパンラグビートップリーグ2006-2007年間表彰式」が行われた。式典には、トップリーグ(TL)14チームの監督、コーチ、キャプテンらに受賞者が揃い、豪華な顔ぶれとなった。

個人賞の選考方法だが、ベストフィフティーンはTL14チームの監督とラグビー担当記者による投票にて決定。ベストホイッスルは、TL14チームの監督による投票。新人賞、MVPは、チェアマン、コミッショナー、TLパネルの委員が中心となったTLコミッティにて選考。他は最多の数字を出した選手となる。

注目のMVPは、優勝した東芝ブレイブルーパスの冨岡鉄平キャプテンが初選出された。チームを優勝に導いたリーダーシップが高く評価されたことになる。
「ここ数年、チームでは数々のタイトルを獲ってきましたが、個人賞を受けるのは人生でこれが初めて。ドキドキしています。ラグビーは、こんなヘタクソでも参加できる集団スポーツ。この賞をいただけたのは全部員のおかげです。また来年も東芝の誰かがこの賞を獲れるようにチーム一丸となって頑張ってまいります」

新人賞は、三洋電機ワイルドナイツの北川智規選手。北川選手は、19トライをあげて最多トライゲッターに輝いたのに加え、ベストフィフティーンにも選出され三冠を獲得した。
「たくさんのルーキーが活躍した年に自分が選ばれたことを、ほんまに嬉しく思います。来季も、この賞に名前負けしないように頑張ります」
京都弁がちょっと入ったところが初々しかった。

各賞受賞者とベストフィフティーンは以下の通り。ベストフィフティーンは、常連組に加え、西浦、青木、オライリー、ニコラス、北川、マクイナリの6選手が初受賞している。3年連続は、FL渡邉、NO8箕内、CTBマクラウドの3選手。4年連続で選ばれた選手はいない。PR西浦選手は「この賞に恥じないよう、これからも身体を張ってプレーしたい。来季もチームとともに九州から熱い風を吹かせたいと思います」とコメント。負傷も癒えて復帰の目処がたった後藤翔太選手は「忘れずに選んでもらえて嬉しく思います。この賞に応えられるように来季は熱いプレーをします」と元気な姿を見せていた。激戦のポジションもあった中で、圧倒的に票を集めたのはWTB小野澤選手。それを承知で「来年は票を1人占めできるように頑張ります」と会場を笑わせた。

◆チーム表彰
◇優勝=東芝ブレイブルーパス◇準優勝=サントリーサンゴリアス◇3位=ヤマハ発動機ジュビロ、トヨタ自動車ヴェルブリッツ◇フェアプレーチーム賞=三洋電機ワイルドナイツ◇ベストファンサービス賞=神戸製鋼コベルコスティーラーズ、ヤマハ発動機ジュビロ

◆個人表彰
◇MVP=冨岡鉄平(東芝ブレイブルーパス)
◇新人賞=北川智規(三洋電機ワイルドナイツ)
◇得点王=ライアン・ニコラス(サントリーサンゴリアス)
◇最多トライゲッター=北川智規(三洋電機ワイルドナイツ)
◇ベストキッカー=廣瀬佳司(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)
◇ベストホイッスル=平林泰三(日本協会A級公認レフリー)

◇ベストフィフティーン
1西浦達吉(コカ・コーラ)/2青木佑輔(サントリー)/3山村亮(ヤマハ発動機)/4大野均(東芝)/5ルアタンギ・侍バツベイ(東芝)/6渡邉泰憲(東芝)/7フィリップ・オライリー(三洋電機)/8箕内拓郎(NEC)/9後藤翔太(神戸製鋼)/10トニー・ブラウン(三洋電機)/11小野澤宏時(サントリー)/12ライアン・ニコラス(サントリー)/13スコット・マクラウド(東芝)/14北川智規(三洋電機)/15ダミアン・マクイナリ(クボタ)

Kyushu

MVPの冨岡選手が出身地である九州の仲間達と談笑しているところにおじゃました。福工大時代の同期、古賀龍二選手(サニックス)、コカ・コーラの西浦選手、サニックスの藤井監督である。冨岡選手は「西浦さんは僕が福工大の1年の時から福大で活躍されていて凄い選手だと知っていました。我々に言わせれば、西浦さんが日本代表に入っているのは当然のことなんですよ」と話し、九州の先輩を絶賛していた。

  • Line