ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2007/01

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

試合レポート 2007年01月15日

TL最終節結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

日曜日は秩父宮ラグビー場だった。トップリーグ最終節の戦いの中で、東芝対三洋電機戦をJSPORTSで解説した。試合前、秩父宮ラグビー場入口近くで、三洋のオライリー選手と会った。この日は怪我で欠場。「僕、東芝好き。がんがんやりたかった。病院では2か月かかると言われているけど、1か月で治す」と言っていた。さて、試合のほうは、三洋が勝利すればトップ4の可能性もあっただけに白熱した。

東芝にトライされても、インゴールで「まだまだ!」と声が聞こえたし、SOトニー・ブラウンのPG、モールを押し込んでのFL赤井のトライなどで追撃。後半10分、CTB霜村のインターセプトからのトライで30-33として食い下がった。このあと、大きく崩れてしまったけど、三洋の頑張りには感動させられた。特に、トニー・ブラウンには、しびれた。巨漢・侍バツベイに真っ向タックルし、何度か吹っ飛ばされていたけど、それでもジャッカルでボールを奪い取ることもあったし、難しいPGを次々に決めた。NZでも人気のある選手なのだが、それがよく理解できた気がする。

しかし、東芝は強かった。薫田監督も「やっと納得できるゲームができた」と語り、選手の判断によってボールを動かし、適度な深さのサポートから次々にボールがつながったトライを評価しているようだった。初めて見た人も楽しめる試合だったのではないかと思う。試合前日、冨岡キャプテンに話を聞く機会があったのだが、「明日は、タイトルではないけど、リーグ1位通過というタイトルをとるつもりで、しっかりした試合をしますよ」と話していた。その言葉通りの内容だった。「関東学院の試合を見て、テンションが上がりました。頑張らなきゃ」とも言っていたのだが、関東学院のSO藤井、CTB高山の両選手は東芝入りする予定で、二人のプレーに刺激を受けたようだった。

東芝は1位通過。2位はサントリー。ヤマハ発動機は神戸製鋼を破って3位。4位には、NECの気迫のこもった防御と猛攻に苦しみつつ、トヨタ自動車が滑り込んだ。NECの鉄壁の防御にはプライドを感じた。それをはねのけたトヨタ自動車も立派だった。

残留争いは、コカ・コーラがクボタに快勝して入替戦を回避。11位のリコーと12位の日本IBMが入替戦に、セコムとワールドは自動降格となった。これでトップリーグは一区切り。得点王は、サントリーのライアン・ニコラス選手(159点)、トライ王は、三洋電機の北川智規選手(19トライ)。同じく日曜日に行われていた「トップチャレンジ1」では、九州電力が三菱相模原を、49-12で破り、トップリーグ自動昇格に向け、一歩前進した。

トップリーグ5位〜10位のチームはシーズンを終えることになる。すぐに各チームとも来季への準備に入ると思いますが、ひとまずはお疲れさまでした。

上位4チームのプレーオフは、1月28日に行われる。組み合わせは以下の通り。
・東芝ブレイブルーパス 対 トヨタ自動車ヴェルブリッツ
・サントリーサンゴリアス 対 ヤマハ発動機ジュビロ

◆トップリーグ最終節結果(14日)
NECグリーンロケッツ●15-19○トヨタ自動車ヴェルブリッツ(前半0-8)
東芝ブレイブルーパス○66-30●三洋電機ワイルドナイツ(前半26-20)
セコムラガッツ●24-27○日本IBMビッグブルー(前半7-10)
クボタスピアーズ●34-54○コカ・コーラウエストレッドスパークス(前半22-19)
ワールドファイティングブル●26-35○リコーブラックラムズ(前半12-12)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ●26-37○ヤマハ発動機ジュビロ(前半12-12)

  • Line