ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2006/09

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

お薦めマッチ 2006年09月16日

お薦めマッチ_0916

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

土曜日の朝である。東京は快晴です。トップリーグ第3節が始まる。まずは、秩父宮ラグビー場でサントリーサンゴリアスと日本IBMビッグブルーが対戦する(午後3時キックオフ)。サントリーはSO菅藤が先発。野村がCTBに入る。控えのジャック・タラントのランニングスキルは必見。IBMとしては、一対一で果敢に勝負してくるサントリーの各選手をいかに前進させないかが課題。FB高忠伸は充実している。NO8カスプロウィックスは、元豪州7人制代表。注目です。

昨日も紹介したヤマハ発動機ジュビロは、木曽キャプテンが「この試合が大事だと思っています。昨年も3節で負けた。ここでいい試合をすることで、4節、5節につながっていく」と話していた。ヤマハスタジアムにて午後6時キックオフ。相手はコカ・コーラウエストレッドスパークス。CTBマーク・ランビー、WTB築城昌拓など新戦力も好選手揃い。

長野県の松本平では、午後4時からセコムラガッツとNECグリーンロケッツが対戦。セコムのリチャード・アパヌイ、NECのヤコ・ファンデルヴェストハイゼンのSO対決は興味深い。カウチとマーシュのジャッカル合戦も見もの。午後6時からは、クボタスピアーズ対三洋電機ワイルドナイツ。昨年のこの対戦は、新潟で行われ、クボタのFWが三洋FWに圧力をかけて好ゲームになった。面白い試合になりそう。三洋WTB北川は、速いよ〜。

17日(日曜日)は西京極で神戸製鋼コベルコスティーラーズとリコーブラックラムズが対戦(午後5時キックオフ)。神戸のCTB高倉は、2節までの個人タックル数1位。両チームともFWに外国人選手を2人先発させる。神戸NO8クリッブ、好調のようだ。第2試合は、ワールドファイティングブル対東芝ブレイブルーパス。東芝SO吉田大樹は今回も先発。FB立川もそろそろブレイクか? ワールドは先週サニックスに敗れたが、巻き返しを期す。京都の2試合は、JSPORTSで放送あり。瑞穂で6時キックオフは、トヨタ自動車ヴェルブリッツ対福岡サニックスブルース。 トヨタはパワフルランナーWTB遠藤が出てくる。FB正面のやわらかなランニングスキルとあいまって、より効果的にBKが機能するかも。サニックスもFWはパワフル。激しい肉弾戦になるかな。

また、日曜日は、日英大学ラグビー対抗戦の最終戦。早稲田大学対オックスフォード大学が秩父宮ラグビー場で行われる(午後2時キックオフ)。

◎愛好的観劇日記【敦atushi 山月記・名人伝】観ました。世田谷パブリックシアターにて。原作=中島敦、構成・演出=野村萬斎、出演=野村萬斎、野村万作、野村万之介、石田幸雄ほか。太鼓=亀井広忠、尺八=藤原道山。山月記は能のように、名人伝は狂言のように作られていた。野村萬斎さんによる、分かりやすい見せ方に感銘を受けた。名人伝、かなり笑える。萬斎さんは姿がいい。背筋がぴんと伸びて威厳がある。あれ? 年下やんかと、妙に感心した。「人生は何事をも為さぬにはあまりに長いが、何事かを為すには余りに短い」。中島敦の世界にしみじみ。僕はなんのために生まれてきたんだろう。

  • Line