ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2006/09

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

お薦めマッチ 2006年09月09日

お薦めマッチ_0909

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

ラグビーのことを大事に思ってくれる人達がたくさんいて嬉しいです。ご意見ありがとうございました。しかと受け止めて取材にあたりたいと思います。きのうのアクセス件数はこの愛好日記を始めて最多でした。それだけ関心が高かったということですね。僕は雑誌で書いたり、テレビで解説する場が他にもあるので、この日記はずっとほのぼの系でいきたかったけど、きのうばかりは無理でした。

いま、土曜日の朝だ。きょうも明日もトップリーグは行われるし、オックスフォード大学の来日試合もある。ラグビー界は動いている。各チームの頑張りや試合の様子も伝えていきたい。金曜日のプレスリリースで、「セコムラガッツが公式モバイルサイト開設」のお知らせが流れてきた。携帯電話から試合会場などで選手のプロフィールなどがチェックできるほか、会場へのアクセスなども調べられる。僕もさっそく見てみたが、これ、便利だ。写真名鑑のところのプロップY選手の顔は、公式ファンブックのあの顔とは違〜う! トップリーグのLIVE速報もスタートするという。http://rugguts.jp/ 一部機種では画面が上手く表示できない場合もあるとのこと。

土曜日のトップリーグは全部で6試合。北海道の月寒でリコーブラックラムズ対トヨタ自動車ヴェルブリッツ戦、群馬の太田で三洋電機ワイルドナイツ対セコムラガッツ戦、博多の森で福岡サニックスブルース対ワールドファイティングブル、コカ・コーラウエストレッドスパークス対東芝ブレイブルーパスなど、全国各地で行われる。向井監督が古巣の東芝と対決。冨岡キャプテンを東芝の誘ったのは向井さんだった。お互いにとって特別な試合になる。京都の2試合はJSPORTSで放送される。サントリーサンゴリアス対ヤマハ発動機ジュビロは注目の一戦。日本IBMビッグブルー対NECグリーンロケッツ戦では、NECのヤコ・ファンデルヴェストハイゼンがSOで先発する。放送予定の詳細は、JSPORTSのHPにて。そして、10日の日曜日は、神戸ウイングスタジアムで神戸製鋼コベルコスティーラーズ対クボタスピアーズ戦だ。この試合は村上解説です。

金曜日は僕としては珍しく冷静さを失い、土曜日にトライネイションズがあることをすっかり忘れていた。ごめんなさい。すでにNZ代表オールブラックスが優勝を決めているが、最終戦が、土曜日、ジョハネスバーグのエリスパークで行われる。放送予定は以下の通り。

◆9月9日(土)21:45〜 南アフリカ代表スプリングボクス対オーストラリア代表ワラビーズ J sports Plus ※生中継

先週、オールブラックスを破る原動力となった南アSOプレトリアスが、2週連続で高いパフォーマンスを発揮できるのか。オーストラリアのベテランSOラーカムがこれにどう対処するか。初キャップの南ア代表FBピーターセン、オーストラリアのPRロビンソンはどんなプレーを見せてくれるか。トライネイションズ2006の最後、視聴可能の方はぜひ。

それでは、京都に行ってきます。

  • Line