ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2006/08

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2006年08月18日

カナダ、W杯本大会へ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

Operaza

知り合いからパリで6月に撮影したラグビーワールドカップ2007の広告の写真が送られてきた。ありがとうございます。広告は大会オフィシャルパートナーのSOCIETE GENERALE(ソシエテジェネラル)のもの。国内シーズン開幕前で気持ちが完全にそっちに行ってしまっていたのだけど、来年の9月は、ワールドカップである。ラグビーファンのみなさんは、さらに気持ちが昂ぶっていることだろう。

Partner

そのフランス大会の予選が世界各地で行われているのだが、8月12日、アメリカ地区予選でカナダ代表がアメリカ代表を56-7で破り、アメリカ地区2位で本大会出場を決めた。カナダは、オーストラリア、ウエールズ、フィジー、アジア1位と同じプールBに入る。この11月のアジア地区予選で、日本代表が順当にアジア地区の1位通過を決めた場合は、カナダとも戦うことになるわけだ。

日本代表は本大会での2勝を目指している。普通に考えれば、ターゲットはフィジーとカナダ。最低限、この2か国に勝てるチームを作り、オーストラリアとウエールズにチャレンジである。現在の世界ランキングでは、オーストラリア3位、ウエールズ9位、フィジー11位、カナダ13位、日本20位だ。あと1年、急ピッチの強化をしなければ。

フランスのワールドカップは参加20チームを5チームずつ4組に分け、各組の総当たりで上位2位までが決勝トーナメント(準々決勝)に進む。2007年9月7日、フランス対アルゼンチン戦で開幕し、決勝戦は10月20日だ。

というわけで、フランスの写真を見て、急にワールドカップ・モードに入った村上の報告でした。

追記◎オーストラリア合宿中のヤマハ発動機ジュビロは、8月16日、ウエスタンフォースアカデミーと試合し、5-19で惜敗した。前半のブニバカの同点トライのみで、後半は完封されたようだ。ラストゲームは19日。相手は第1戦と同じ、ウエスタンフォース・ゴールドとなる。

  • Line