ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2006/08

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2006年08月11日

現実逃避

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

東京は暑く、網走が懐かしい。仕事のクライアントにメールを書いていて、自分の名前を入力して変換したら、漢字になるはずがカタカナに変換された。ん? あれ? よく見ると「ムラカニ」になっていた。そんなにカニが恋しいのか、ムラカニ〜。

ここ数日の思い出話シリーズは僕の周辺でも反響が大きかった。これで終わりにしますが、もう一つだけ。ラグマガ編集部時代に会社の仲間とチームを作って試合したことがある。ベースボール・マガジン社はラグビー経験者がめちゃくちゃ多いのだ。もちろん未経験者もいて、その人は、アメリカンフットボールの経験者だった。だから、けっこうできるだろうと注目していた。試合開始まもなく、その人がボールを持った。サポートにつこうとしたら、ほとんど真横に走り始めた。ん? 

そしてそのままタッチラインを越えて出て行った。え〜っ。なに、いまの。僕がぽかんとしていたら、「ダメなの?」。たしかに5ヤードほど進んだけどね…。これ、アメリカンフットボールとちゃいまんねん。仕事場にこもりきりだと、逃避モードになってこんなことばかり思い出してしまう。いかんね。

きのうのプレスリリースでは、サニックスブルースのチームスローガンが送られてきた。
Keep on running! 文字通り「走り続けよう」という意味。リリースにはこんなふうに書いてある。『悔しかった気持ちを忘れず、現状を打破していくため、ブルースに必要なのは、「なにがあっても走り続けるという強い意志」だとチームは認識しています。そこには、「諦めずに頑張る」、「目標に向かって努力し続ける」という意味も含まれます。単純ではありますが、人としても選手としても、基本中の基本である、「走り続ける」という原点に、全員で立ち返るシーズンでありたいと、チーム一同、心から願っています。』

サニックスはチーム自粛中で、網走の夏合宿も中止した。選手は苦しい立場になっているけれど、だからこそ一体感をもってシーズン開幕を迎えてほしいと思う。走り続けよう。いいスローガンです。なお、同リリースで、石田大輔選手の引退、荒川弾選手の退団、菅剛(すが・つよし)選手の入団が発表された。

お知らせ◎各チームのスローガンなども披露された「2006網走ラグビーフェスティバル」の放送が迫ってきました。8月14日 15:55〜17:55 JSPORTS 1 で初回放送です。

  • Line