ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2006/07

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2006年07月09日

TN結果と網走ツアー

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

僕が卒業した大阪体育大学は、関東にもたくさん卒業生がいて、その総会が土曜日に行われた。還暦を迎える一期生の方々から平成の卒業生まで、さまざまな分野で活躍している仲間が集って交流を深めた。最近はこういうことが大事な気がして、積極的に参加している。大先輩たちの話を若い人達が聞く機会というのは貴重だ。こうして歴史は受け継がれる。ラグビーにも同じ事が言えて、日本代表のかつての名選手と現役選手達が交流する機会も頻繁に設けるべきだと思う。ラグビー王国ニュージーランドでは、往年の名選手が現役選手に話をする機会がよくある。若い選手たちはそれぞれのチームの歴史に誇りを持って戦うわけだ。日本ラグビーも歴史を語り継ぐことを大切にしたい。

トライネイションズ第一戦。オールブラックスの強さが際立っていた。スクラムもプレッシャーをかけたし、FW戦は常にオールブラックスが前に出ていた。これではワラビーズの豪華BK陣も力を出せない。ワラビーズSOラーカムと、オールブラックスのSOカーターのゲームメイカー対決も注目していたのだが、カーターの活きの良さが目立ったし、あれだけプレッシャーをかけ続けられるとラーカムといえども劣勢は挽回できなかった。オールブラックスの各選手は、本当に反応がいい。LOクリス・ジャックのブレイクダウンでの仕事ぶりは素晴らしい。LOはこうでなくては。

ただし、トライネイションズは始まったばかり。好スタートを切ったオールブラックスを、ワラビーズ、スプリングボクスがどう攻略していくのか。そこが今後の楽しみになる。

◆試合結果
ニュージーランド代表オールブラックス○32-12●オーストラリア代表ワラビーズ

◎お知らせ
先日もお知らせした網走でのイベント詳細(参加選手)が決まりました。イベント時期に網走近辺にいるトップリーグのキャプテンが勢揃いします。また、観戦ツアーも企画されました。申し込み方法などはJSPORTSのHPをご覧ください。

【イベント詳細】
日時:7月29日 12時〜
場所:網走スポーツ・トレーニングフィールド
マッチイベント12時〜(40分ハーフ)
12時〜 クボタ スピアーズ対コカ・コーラウエスト レッドスパークス
14時〜 東芝 ブレイブルーパス対トヨタ自動車 ヴェルブリッツ

トークイベント18時〜
司会進行=矢野武/村上晃一
2006〜07トップリーグ 各チーム主将(予定)
冨岡鉄平(東芝)、榎本淳平(三洋電機)、浅野良太(NEC)、麻田一平(トヨタ自動車)、山下大悟(サントリー)、木曽一(ヤマハ発動機)、鈴木力(クボタ)、中山浩司(ワールド)、小池善行(セコム)、伊藤鐘史(リコー)、山口智史(コカ・コーラウエスト)

【観戦ツアー】
◆催行日時◆7月28日(金)〜7月30日(日)
◆ツアー料金◆72.800円/お一人様和室・洋室定員利用
◆ツアー定員◆40人(定員になり次第受付終了)

  • Line