ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2006/07

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

お薦めマッチ 2006年07月08日

トライネイションズ2006開幕

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

海外ラグビーファンには嬉しい夏である。いよいよトライネイションズ2006が始まる。南半球三強国にによって、1996年から始まったこの大会は、今年初めてそれぞれが3試合行う拡大バージョンとなる。第一戦は、IRB(国際ラグビーボード)の世界ランキング1位のニュージーランド代表オールブラックスと、4位のオーストラリア代表ワラビーズが激突する。3位の南アフリカ代表スプリングボクスは、来週(7月15日)、ブリスベンでのワラビーズ戦がスタートだ。

4位とはいえ、ワラビーズは、6月にアイルランド、イングランドを破り、実力を見せつけている。オールブラックスのほうは、39名のスコッドをすべて出場させながら、アイルランド、アルゼンチンと戦い、トライネイションズのメンバーを選んできた。来年のワールドカップの前哨戦としてもこの大会は見逃せない。

メンバーも豪華である。僕が注目するのは、ゲームをコントロールするHB団対決。ワラビーズのSHグレーガン、SOラーカム、オールブラックスのSHケラハー、SOカーター。カーターとラーカムはテストマッチで初SO対決となる。2004年に2人が対決したときは、スペンサーがSOでカーターはCTBだったんだな。これ、興味深いなぁ。ケラハーとグレーガンも、ガツガツと絶対やりあうね。メンバーをながめると、ワラビーズのほうが力強い。オールブラックスはスピードで勝負だ。

今回、僕は解説ではないので、楽しんで見たいと思います。海外ラグビーにはこれまで興味がなかった人も、ぜひ一度見てみてください。好き嫌いあるかもしれないけど、一見の価値はありますよ。

◆トライネイションズ2006第一戦放送予定
7月8日 (土) オールブラックス対オーストラリア (16:20〜18:30 JSPORTS1にて生放送)

  • Line