ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2006/07

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

お薦めマッチ 2006年07月21日

お薦めマッチ_0721

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

うわ〜、盛り上がってますね。みなさん、たくさんのコメントありがとうございます。フランカーというポジションが人気があるのかもしれませんが、やはりそれぞれ好みの選手はいるし、それぞれの思い出がありますからね。ちなみに僕が最初に好きになったフランカーは、フランス代表のジャンピエール・リヴでした。長くのばした金髪を血に染めながら戦っているところが強烈に印象に残っています。小柄なフランカーが僕は好きです。またいずれ、別のポジションでも思い出を書きますね。どのポジションも盛り上がりそうなので、小出しにしま〜す。

さて、土曜日はトライネイションズ第3戦、NZ代表オールブラックス対南アフリカ代表スプリングボクスの試合が、ウエリントンにて行われる。スプリングボクスは、先週ワラビーズに0-49という歴史的大敗を喫して、すでにメディアから「ホワイト監督退陣要求」まで出ているようだけど、もしまた大敗ならホワイト監督いよいよ危うしである。

オールブラックスは、ベテランFLソーンが先発。オープンサイドFLはマコウで決まりだけど、ブラインドサイドFLは定まっていない。元オールブラックスのキャプテンとはいえ、今はチャンスを与えられた一人の選手だ。ソーンもここでいいパフォーマンスを見せれば、来年のワールドカップに向けて正FLの座をつかむきっかけになる。南アフリカのFLは、ソリー・チビリカとジュアン・スミス。チビリカも走るからねぇ。この日記もフランカーの話題で盛り上がったので、いつも以上に両チームのFLに注目して見てみよう。スプリングボクスとしては、NO8に入る予定のジャック・クロニエらの激しいコンタクトプレーでプレッシャーをかけ続けたい。

◆放送予定
7月22日 (土) NZ代表対南アフリカ代表(16:20 - 18:30 JSPORTS PLUS 生放送)

◎愛好的観劇日記の追記
きのうの日記に【あわれ彼女は娼婦】のことを書いた。僕は芝居を観るとほぼ間違いなくパンフレットを買う。自分が本の編集の仕事をしていることもあって、デザインに興味があるし、芝居の背景をもっと知りたいと思うからだ。【あわれ彼女は娼婦】のパンフの内容はとっても面白かった。宗教や時代の背景もよく分かるし、役者さん達の気持ちも素直に綴られている。特に興味深かったのは、演出家の蜷川さんと「書評屋」と自ら名乗る豊﨑由美さんの対談だった。いくつも印象に残る言葉があったけど、舌鋒鋭い豊﨑さんが「そのジャンルに対して、すごく深い愛情がなかったら、批評なんかしちゃいけない」と言っていた。共感したというか、そうありたいなぁって思った。

  • Line