ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2006/01

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

試合レポート 2006年01月30日

マイクロソフト杯準決勝結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

日曜日の花園ラグビー場は、前日のようは強風もなく、気温10度を超える観戦日和となった。立ち上がりは、クボタが圧倒的に攻撃を仕掛け、1回戦に続き絶好調のマクイナリのトライと、SO伊藤のPGで13-0とリードする。マクイナリのステップは、サントリーの田中キャプテン曰く「初体験です。ストライドもワイドで止めにくい」というほど強烈だったようだ。

しかし、前半15分、FWの波状攻撃からクボタゴール前でPKを得ると、CTBアラティニがスピードでディフェンダーを振り切りながらWTB瓜生へラストパス。22分にCTBニコラスがPGを決めた後の33分にも、SH田中の好判断からWTB小野澤にボールが渡って逆転トライ。以降は着々とスコアしてクボタを突き放した。サントリーはスクラムで優位に立ち、BKもSO菅藤を軸に攻守に前に出てクボタにプレッシャーを与え続けた。

敗れたクボタの荻窪監督は、これでシーズン終了とあって感慨深げ。「大舞台を経験できて幸せでした」と語り、トップリーグ終盤戦から調子を上げて今大会準決勝まで駒を進めた選手達を称えていた。

これで、決勝戦はサントリーと東芝府中の対戦となった。東芝府中対NECについては、これから録画を見るので明日にでも感想を書きますね。立川選手の怪我については、手術をするということを伝え聞いています。日本代表FBとしても期待していただけに、長引くような怪我だと残念です。

◆マイクロフトカップ準決勝結果
東芝府中ブレイブルーパス○23-10●NECグリーンロケッツ
サントリーサンゴリアス○44-25●クボタスピアーズ

◎ジョー・ロフ選手現役引退
試合後の記者会見に荻窪監督、山口主将とともにロフ選手も出席。試合の総括のあと、荻窪監督から「残念なお知らせです」と前置きがあって、ロフ選手の引退が明らかにされた。ロフ選手からは荻窪監督に大会前に打診があったそうだ。豪州代表で86キャップを保持するロフ選手は、今季よりクボタ入りし、活躍が期待されていたが、膝の怪我のリハビリなどで本調子に戻るのが遅れていた。ただし現状は練習も試合もこなせるように怪我は回復しており、本人は「怪我は引退の直接的要因ではない。ケフ、マクイナリという選手のパフォーマンスが素晴らしく、自分がそこに割って入れなかったことが原因」と語った。ロフ選手は生真面目な性格で、チームに貢献できないままクボタに所属することを潔しとしなかったようだ。荻窪監督は目を潤ませてこう言った。「ロフ選手が最後に愛したチームがクボタであったことを誇りに思います」。ロフ選手は「現役引退後の進路は未定」としつつ、オックスフォード大学に進学する意向であることを明かした。

◎お詫びと訂正
JSPORTSでこの試合を解説したのですが、ジョー・ロフ選手の現役引退の速報が入った際、トータイ・ケフ選手もクボタでプレーするのは今季限りであるという誤った話をしてしまいました。ケフ選手の契約期間は来季までです。ケフ選手ご本人、クボタスピアーズの関係者のみなさん、視聴者のみなさん、申し訳ありませんでした。

  • Line