ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2006/01

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

試合レポート 2006年01月29日

トップチャレンジ最終節結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

花園ラグビー場で行われたトップチャレンジ最終節に行ってきた。スタジアムに到着してすぐにスタンドに上がったが、まあ、風が冷たかったこと。高校大会の準決勝を思い出すような強風がスコアボード方向から吹き抜けていた。

第1試合は、トップチャレンジ2のホンダヒートと九州電力の戦い。僅差勝負が予想されたが、序盤はホンダペース。CTBトゥプアイレイと三木がBKの要として機能し、三木が縦に行ってポイントを作り、トゥプアイレイが移動攻撃を仕掛けて先制トライ。その後も2トライをたたみかけて19-0とし、主導権を握った。九州電力もLO吉上、CTB吉岡のトライなどで追い上げたが届かなかった。九州電力CTBの元豪州代表グレイが三木にものすごいタックルを見舞ったシーンは、思わず声が出た。意地だね。この結果、チャレンジ2の順位は、1位=ホンダ、2位=九州電力、3位=NTT東日本ということになった。ホンダは、いいチームに仕上がっている。入替戦ではリコーと対戦するが、面白い試合をしてくれそうだ。九州電力はセコムとの対戦。

注目の第2試合は予想通りタフな試合となった。4トライ以上獲得しての勝利を目指す近鉄は、FW戦にこだわりつつ徹底して攻めたが、コカ・コーラの執拗なボールへの絡みもあってテンポ良く攻めることが出来なかった。一方のコカ・コーラは、トライ数より勝利が重要。FB原留のPGで先制すると、近鉄の攻撃を前に出る防御で食い止め、SO淵上のロングパスなどでBKを走らせた。この試合は内容うんぬんより魂を感じる壮絶な試合だったが、4トライ取らなければならないプレッシャーが近鉄にあったのは確か。前半30分過ぎ、簡単に決められる位置のPGチャンスもスクラムを選択して攻め、攻めきれずにコカ・コーラに逆襲されてトライされたところは、勝敗の分岐点だった気がする。

コカ・コーラの向井監督は涙も見せたが、終了後は会心の笑顔。監督就任2年目の快挙だった。そして、SO淵上の涙には胸が熱くなった。関東学院で大学ラグビーのスターとなりながらトップチームには入らず、本格強化を始めたコカ・コーラ入りして6年目である。「変わったのは選手の意識。いろんなラグビーを経験できて勉強になりました」。試合後のコメントも冷静だった。意識改革から始まったコカ・コーラの強化は、トップリーグ入りしてさらに推し進められることになるわけだ。その前に、日本選手権で関東学院との対戦だね。

敗れた近鉄は、1年でトップリーグ返り咲きを目指し、あえてトップウエストのチームとは練習試合を組まず、トヨタ自動車などと合同練習するなど、トップリーグの感触を忘れないように強化してきた。中谷監督も無念の表情だったが、まだチャンスはある。サニックスとの入替戦でいい試合が出来ることを祈りたい。

この試合の様子は日曜日深夜放送の「ラグビープラネット」で特集されます。コカ・コーラの選手達のコメントもたくさんありますよ。

◎トップチャレンジシ最終節結果
ホンダヒート ○39-26● 九州電力
近鉄ライナーズ ●12-15○ コカ・コーラウエストジャパン

この結果、チャレンジ1の順位は、コカ・コーラWJ=1位、日本IBM=2位、近鉄=3位。入替戦の組み合わせは以下の通り。

◎トップリーグ入替戦 2月11日開催
■秩父宮ラグビー場
12:00 リコーブラックラムズ(TL11位) 対 ホンダヒート
14:00 セコムラガッツ(TL10位)    対 九州電力
■近鉄花園ラグビー場
13:00 ワールド ファイティングブル(TL9位)対 NTT東日本
■東平尾公園博多の森球技場
13:00 福岡サニックスブルース(TL12位)対 近鉄ライナーズ

ここで気になる情報を。この日記によくコメントをくれる韓国ラグビー広報マンの見明さんによると、1月28日、リコーのグラウンドでサニックスとリコーの練習試合が行われ、34-7でサニックスが勝利した。序盤はリコーペースも後半サニックスが突き刺さるタックルを連発。サニックスのSO岩渕も活躍したようだ。入替戦にどう影響するかな。

  • Line