ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2006/01

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2006年01月13日

マイクロソフト杯抽選会

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

12日の夜は、赤坂プリンスホテルで開かれたマイクロソフトカップ前夜祭に行ってきた。NECの箕内選手や神戸製鋼の大畑選手など参加各チームの主力選手が揃っていて壮観だった。この写真は午後7時過ぎに行われた組み合わせ抽選会の様子。トップリーグ(TL)1位の東芝府中と2位の三洋電機がトーナメント表の両端に入り、残る6チームのキャプテンが一斉にA〜Fと書かれた紙の入ったカプセルを取り、TL上位チームから順に読み上げていった。東芝の相手はA、三洋の相手はFとなるわけだ。

msc

NECの浅野キャプテンは「C」を引いた。つまり、優勝候補筆頭の東芝は回避である。実は抽選の前に話を聞いたのだが、「みんなから、Aを引いて来い!って言われてきたんですよ。実はリハーサルではAだったんです」とのことだった。東芝でも良かったのかぁ。でも、本番では違ったね。

続いてマイクの前に立ったトヨタ自動車の北川キャプテンが読み上げたのは「D」。場内がざわめく。いきなり、トヨタ対NECのガチンコ対決である。TLではトヨタが勝ったが、モールではNECが圧倒した。こりゃ、凄いことになりそうだ。

そして神戸製鋼の松原キャプテン。なんと「A」。うわ〜、東芝のブロックに三洋電機をのぞくTL上位が全部入っちゃった。組み合わせが決まった後は、各チームのキャプテンが抱負を一言ずつ述べたのだが、松原キャプテンは「昨年同様、(前年の)チャンピオンチームに1回戦で当たれた事を嬉しく思います」と力強くコメント。トヨタの北川キャプテンは「80分間、NECにチャレンジし続けます」と、早くも臨戦態勢である。ってな感じで、抽選会、面白かった。

トーナメント表で言うと、左から順に組み合わせは次の通り。

◆1月22日(日)
東芝府中ブレイブルーパス対神戸製鋼コベルコスティーラーズ(秩父宮 14:00)
トヨタ自動車対NECグリーンロケッツ(花園 14:00)
サントリーサンゴリアス対ヤマハ発動機ジュビロ(花園 12:00)
クボタスピアーズ対三洋電機ワイルドナイツ(秩父宮 12:00)

この様子は、日曜日夜、JSPORTSのラグビープラネットでハイライトとして放送されます。各チームの監督(ヘッドコーチ)、キャプテンが全員出てくるので興味深いですよ。

このパーティーには俳優の高橋克典さんも来ていた。「チケットもらえるかと思って」とジョークを飛ばしていたが、彼が青山学院で高校1年までラグビー部だったことはけっこう有名である。WTBだったらしい。高橋さんのコメントもプラネットに少し入るかな? しかし、顔がめちゃくちゃかっこいいというか、シャープだ。僕は、ものすごい丸顔なので、シャープな顔に憧れる。子供の頃好きだった俳優さんも、藤竜也とか岩城滉一だもんなぁ。何を告白してるんだ、俺は。

  • Line