ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2006/01

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2006年01月22日

トップチャレンジ第2節結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

yuki1

土曜日の朝9時、門柱に積もった雪。このあともどんどん積もった。庭の雪も撮影しようとしたら、椿が一輪咲いていた。ほっとする。

yuki2

夕方、トップチャレンジ第2節の結果を聞いて少し驚いた。前節の試合ぶりからして日本IBMが勝つのではないかと思っていたからだ。向井さん、ごめんなさい。

◎トップチャレンジ第2節結果
チャレンジ2=九州電力○31-15●NTT東日本
チャレンジ1=コカ・コーラウエストジャパン○21-17●日本IBMビッグブルー

ただし、IBMは7点差以内の負けなので、ボーナス点「1」をゲット。勝ち点を計「6」として2位以上を確定させた。つまり、来季からのトップリーグ昇格を決めたわけだ。コカ・コーラは、現在勝ち点「4」、近鉄は「0」。28日の直接対決で自動昇格をどちらかが決めることになるわけだ。コカ・コーラは勝てば文句なしの1位でトップリーグへ昇格するだけでなく、日本選手権出場も決めることになる。引き分けてIBMとの勝ち点が並んだ場合は、リーグ内全試合の得失点差で順位を決める。そうなれば初戦で近鉄に大差勝ちしたIBMが有利になる。一方、近鉄は4トライ以上の勝利で勝ち点「5」となるが、その場合、コカ・コーラに4トライ与えず、7点以上突き放し、ボーナス点を与えずに勝たないと単独2位にはなれない。自動昇格は厳しい条件になった。

チャレンジ2のほうは九州電力が勝利して勝ち点「5」をゲット。ホンダヒートも「5」、NTT東日本は「1」。こちらも、28日の九州電力とホンダの試合で順位が確定する。チャレンジ1、チャレンジ2ともに混戦だが、トップリーグ下位との入替戦出場順位はNTT東日本のチャレンジ2の3位が確定。トップリーグ9位のワールドファイティングブルとの試合が決まった。

■2月11日(土)近鉄花園ラグビー場
13:00 ワールドファイティングブル(TL9位) vs NTT東日本(トップチャレンジ2の3位)

さあ、22日の日曜日はマイクロソフトカップ開幕だ。見どころは昨日書いたが、当日深夜(24時〜)の「ラグビープラネット」は1回戦の結果をハイライトでお送りする予定です。

  • Line