ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/12

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年12月22日

トップリーグ11節が始まる。

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

egao

たまには自分の顔も出しとこう。これ11月初旬に三洋電機のコーチとして来日したNZの名将ロビー・ディーンズさんとのモノ。彼とのエピソードはその時の日記に書いた。めちゃくちゃ嬉しそうである。開き直って公開。

きのうは旧友と10数年ぶりに再会した。以前にもここで紹介したことのある、サモアでラグビーを教えていた田辺君だ。もちろん、本来は青年海外協力隊員。農業の先生としてサモアの高校で指導にあたっていた。その合間を縫ってのラグビーコーチングだったわけだ。いっぱい話を聞こうと思ったけど、早々に酔っぱらって、まあ詳しい話はいずれ、ってなことになった。サモアの高校の公式戦では、裸足とスパイクの子が混在し、なんの問題もなく試合は続いていくらしい。お金がなくてスパイクを買えない子も多く、人から借りたようなのだと途中で脱いでしまう子もいるとか。日本の試合って、着用するものの規定に厳しいけど、まあ、危険じゃなければいいんじゃないって、そんな気になるエピソードをたくさん聞かせてもらった。

そういえば、僕も高校の時は試合のスパイクは3年間で2足だったし、破れると靴屋さんに行って革を貼り付けてもらってたなぁ。大学4年間でも2足で済ませた。3年から一軍に上がったけど、それからは1足でやってた気がする。普段の練習はゴム底のサッカースパイクをはいていた。練習ジャージーもほとんど先輩のお下がりか、高校時代から着ているものだった。笑ってしまうくらい、つつましかった。格好なんか気にせず、ラグビーに没頭していた。懐かしい。そんな気持ちを思い出した。

さて、トップリーグ第11節だ。僕は連休中、連日JSPORTSでトップリーグの解説をする。まずは、23日のサントリー対東芝府中だ。サントリーは、ニコラス、アラティニの両CTBで挑む。栗原、瓜生の両選手は前節の負傷で欠場とのこと。この試合で、もし東芝府中が4トライ以上の勝利で、勝ち点「5」をゲットすると、勝ち点の総計が「46」になる。あれ? そうしたら、その時点でNEC以下の優勝は消えるわけだ。NECの勝ち点が「35」だからね。そして、24日の試合で、もし三洋が勝ち点をゲットできなかったら東芝の優勝が決まるということになる。三洋は現在勝ち点「37」だから、少なくとも勝ち点を「41」にしておかないと、可能性が残らない。最終節まで優勝争いがもつれこむよう、各チームの奮起を期待したい。

◆トップリーグ第11節

◎12/23(金)
14:00 サントリーサンゴリアス対東芝府中ブレイブルーパス(味スタ 13:55〜JSPORTS3生放送)
◎12/24(土)
12:00 リコーブラックラムズ対クボタスピアーズ(秩父宮)
14:00 ヤマハ発動機ジュビロ対三洋電機ワイルドナイツ(秩父宮 13:55〜JSPORTS1生放送)
14:00 神戸製鋼コベルコスティーラーズ対ワールドファイティングブル(神戸ウイング 13:55〜JSPORTS3生放送)
◎12/25(日)
13:00 セコムラガッツ対福岡サニックスブルース(熊谷)
13:00 トヨタ自動車ヴェルブリッツ対NECグリーンロケッツ(瑞穂 12:55〜JSPORTS2生放送)

  • Line