ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/12

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

試合レポート 2005年12月27日

花園レポート1日目

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

朝9時前に東花園駅に到着すると、開会式に向かう選手渋滞に巻き込まれた。ボールの袋をかついだり、バケツを持った選手たちを見て、花園気分になってくる。正面から競技場入りすると、記念撮影する各チームに遭遇。挨拶してくれる選手も多かった。

zono1
zono2

JSPORTSで開会式の解説をしたが、選手宣誓はいつもながら立派だった。江の川高校の中谷キャプテン、良かったよ。日本ラグビー協会の森さんも、中谷君も、世界を見据えたコメントをしていた。2011年ワールドカップ招致立候補は、高校生たちの目を世界に向けさせるという好影響も与えた気がする。

zono3

zono4

開会式の中継が終わると、さっそく花園の新名物「花園ラグビーまん」の様子を見に行った。1個250円の楕円形の豚まんである。定価を書いたカードには、「ラグビーマン」、宣伝旗には「ラグビーまん」とある。以下、販売員さんとの会話。

「ラグビーマンと、ラグビーまん、どっちが正しいですか?」
「『ラグビーまん』とちゃいますか? 豚まんにそう書いてあるし。しかし、どうせやったら、ラガーマンにしたら、ええのにねえ」
「いやいや、最近は、ラグビーマンって言うんですよ」
「ほんまかいな」
「ラガーマンでもいいんですけど、ラグマガなんかもラグビーマンにしてますしね」

zono5

実況の土居さん、谷口さん、解説の深緑郎さんと食べた。好評だった。食堂には、花園ランチ、トライカレー、タックルうどんも健在だった。しかし、すべてベタやね。

初日全試合の結果などは、JSPORTSやラグビー協会のHPを見ていただきたいのだが、大熱戦となったのが、31年ぶり出場の成蹊高校(東京)と、58回目の出場となる古豪・天理高校(奈良)の対戦である。花園第2グラウンドは、好ゲームの予感もあってか、大勢のギャラリーがフィールドを取り囲んでいた。ディフェンスのいい天理に対して、成蹊は、SO矢部、CTB三雲を軸によくボールを展開して、FB小林、WTB金本らが何度も大幅ゲインを勝ち取る。31年ぶりの出場というのは、選手にとっては初出場に等しいわけだが、普段通りのプレーをしていたのには驚かされた。後半23分には、成蹊がWTB三浦のトライで、12-7と逆転。このまま逃げ切るかとも思われたが、天理はFW周辺の攻めを徹底し、ついに28分、LO森がゴール右中間に同点トライ(12-12)。

トライ数、ゴール数とも同じ場合は、抽選になる大会規定により、両主将がクジを引く。天理の梶岡選手が2回戦への出場権を引き当てた。両チームともディフェンスは粘り強く、成蹊はボールをワイドに動かし、天理はFWの強さを押し出す。最後にトライを返した天理は、やはりしぶとかった。両チームとも勝たせてあげたい好ゲームだった。

成蹊の三雲主将がチームメイトに結果を告げに歩いていた。近くに行けたので「いい試合だったよ」と声をかけてみる。目が合ったが言葉はなかった。ごめん、声なんか、かけて。彼はチームメイトの円陣の中で結果を告げると、その場に泣き崩れた。「ごめん」と言っているように見えた。しばらく見守っていたのだが、「楽しかったよ」、「ありがとう」という言葉が聞こえてきた。胸が熱くなった。

「悔いはないです。負けなかったし、胸をはって帰りたいです」。三雲主将の言葉も立派だった。勝った天理は、2回戦で秋田工との対戦。こちらも好ゲームになりそうだ。

やっぱりいいなぁ。高校ラグビーは。

  • Line