ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/11

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

愛好速報 2005年11月18日

ニュージーランドだ!

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

コメント早っ。もう経過まで報告されているじゃないっすか。

一瞬、夢を見ました。2011年W杯開催はニュージーランドです。

日本協会に詰めていた報道陣を最初にどよめかせたのは、午前12時55分に、第一回の投票で南アが落ちたことだった。日本とNZの一騎打ちは、予想外の展開だったが、この瞬間は、僕も夢を見た。来るかもしれない。動悸が激しくなる。

午前1時18分くらいに、日本招致団が会見場に向かったとの報が入り、日本協会のジャパンクラブに準備された会見場に報道陣が入る。電話を待つのは、招致委員会の日比野弘会長、平尾誠二GM、日本協会の和田文男副会長。沈黙の約20分ほどが経過したとき、電話の着信音が。いっせいにシャッター音が鳴る。

日比野会長の「ダメだったですか」の声で結果が分かった。

残念。現地より、森会長のコメントが届く。
「NZのような伝統ある偉大なラグビー国と競い合えたことを大変光栄に思います。しかしながら、IRBがラグビーがグローバルスポーツになる大きなチャンスであり、世界がそのことを強く求めていたこの招致において、私たち日本を選ばなかったことは大変残念に思っております。私たちは、この素晴らしいラグビーを世界のスポーツに成長させる営みは今後も力強く継続して参ります」

僕は同時進行で、ラグビープラネットの収録をしていたのだが、ほんとうに緊張感ある一夜だったなぁ。今夜の様子は、日曜日夜の放送でドキュメントっぽく放送されます。残念だけど、招致に関わったみなさん、応援したみなさん、お疲れ様でした。この努力は無駄ではない。これを明日につなげなければ。

きょうはこのあたりで。いまひとつ、筆が進みません。筆じゃないか…。

  • Line