ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/10

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年10月26日

ジョー・ロフ選手に会う

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

火曜日は、クボタの船橋工場に行ってきた。ジョー・ロフ選手(元オーストラリア代表86キャップ)のインタビューである。W杯招致HP「それぞれのW杯」で来週の木曜日にアップされる予定のものだ。

先日、箕内選手と話した時に、彼は日本と世界の差を感じるポイントのひとつとして、「BKの体格の違い。日本のBKは小さいなって思いますよ」と言っていた。ロフ選手に会うと、それを実感する。デカっ。191㎝、100㎏の俊足WTBである。日本でも三洋の角濱選手あたりは、身長でロフ選手を上回るけど、身体のがっしり感はかなり差がある。こんな選手達と戦う小野澤選手や大畑選手は本当に大変だと思うなぁ。

そうそう、ロフ選手に、「モートロックが花園にいたのを知っていますか?」と聞いたら、目を丸くして「電話してみよう」と言っていた。「東京には来ないのかな。来るなら連絡があるはずだから」とも。

ロフ選手はクボタと2年の契約だが、どうやら日本で引退までプレーしそうなニュアンスだった。「オーストラリアに戻ってプレーすることはない」と言っていた。その後どうするかは、W杯招致HPに書きますね。

もう膝の具合は大丈夫のようだが、FBのマクイナリー選手も好調なので出場機会が難しくなっている。さて、週末はどうかな? 個人的な興味で、スーパー12のシーズン個人トライ記録(15)について聞いた。「来季からスーパー14になるので、スーパー12の記録としては一生残りますね」と聞いたら、「そんなこと、今はじめて考えたよ」と記録にはまったく関心なし。スターは違いまんな〜。

それにしても、ロフ選手は紳士だ。落ち着いて、どんな質問にも答えてくれる。11月5日の秩父宮ラグビー場で配られる予定のレッドバンドも手首にちゃんとはめていてくれた。あのレッドバンドは、トップリーグの選手達には配られており、前節のトップリーグでも東芝の冨岡選手あたりは、バンドをしたまま試合に出ていた。ファンのみなさんと想いを共有しようという試みだ。

◎サニックスブルース、宗像市連携協定
サニックス発のプレスリリース=「去る9月7日、福岡サニックスブルースは、宗像市と連携協力協定を結びました。今シーズン、ブルースは、公式戦ユニフォームの右胸に、宗像市の市章を入れて戦っています。ラグビーチームのユニフォームに自治体のマークが入るのは全国でも初めてのことです(略)」。

そして、10月30日の午後1時から、ヤマハ発動機ジュビロ戦が行われる博多の森球技場で青色の応援グッズを持って来たファンの方にブルースの携帯クリーナーを先着500名にプレゼントするということだ。地域密着のチーム作り、いいと思う。早く結果が欲しいね。

◎元トンガ代表監督、NZマオリ代表監督を務めたジム・ラブ氏のラグビークリニックが11月12日、川口市荒川運動公園ラグビー場で行われます。受付時間11:00〜(第1部高校生以下対象)、13:00〜(第2部高校生以上対象)主催=総合型地域スポーツクラブ育成指定クラブ リリー・アスレチック・クラブ(LAC)。詳しくは以下へ。http://urawa.cool.ne.jp/krs/krfu/

  • Line